ホークアイ役ジェレミー・レナー、『アベンジャーズ4』撮影終了 ─ 「さよならじゃない」発言が意味深な理由

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)において出演俳優が続々とクランプアップを告げている。ヴィジョン役のポール・ベタニーやワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセンに続き、クリント・バートン/ホークアイ役のジェレミー・レナーも撮影終了を報告した。

「さよならじゃない、”またね”ってだけ」

2017年12月にジェレミー・レナーは、あと少し『アベンジャーズ4』の撮影が残っている旨のコメントを残していた。そして2018年1月3日(米国時間)、すべての撮影が終わったことを自身のインスタグラム動画にて明かしているのだが、その発言内容にご注目いただきたい。

Jeremy Rennerさん(@renner4real)がシェアした投稿

さよならじゃありません。”またね”ってだけです。インフィニティ―・ウォーでの僕のパートの撮影は終了です。どのようにまとめ上げるのか、とても楽しみです。」

ジェレミー・レナーをはじめ、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、ブルース・バナー/ハルク役のマーク・ラファロ、トニー・スターク/アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソン、ソー役のクリス・ヘムズワースなど『アベンジャーズ』主要メンバーは、『アベンジャーズ』第4作を以て出演契約を満了する報じられていた。

だが今回の「さよならではない」という発言は、早くも今後の展開に関する憶測を呼んでいる。ジェレミーは2016年3月に開催されたシリコンバレーコミコンでも、ホークアイとして「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」などのNetflix / マーベルによるドラマシリーズに合流することに意欲を示しており、契約を更新して同役を続投するという可能性も十分考えられるからだ。

ホークアイの今後の出演計画も気になるところだが、とりあえずはシリーズ3作目『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』での活躍を楽しみにすることとしよう。映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月4日より全米公開予定だ。

ちなみに撮影を終えたジェレミー・レナーが次にやることはというと、「家に帰って我が子に会うこと」だそう。ひとまずは家族と共にしっかりと休んでいただき、次作品へ向け英気を養ってほしい。

(文:まだい)

Source: https://movieweb.com/avengers-4-production-wrap-jeremy-renner/
http://comicbook.com/2016/03/19/jeremy-renner-open-to-a-hawkeye-netflix-series/
https://www.instagram.com/p/BdgLOrdBwEC/?taken-by=renner4real

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。