Menu
(0)

Search

バッキー役セバスチャン・スタン、『アベンジャーズ4』出番の有無は「わからない」

セバスチャン・スタン
Photo by NASA/Bill Ingalls https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%27The_Martian%27_World_Premiere_(NHQ201509110007).jpg Remixed by THE RIVER

そんな、まさか…!

映画『キャプテン・アメリカ』シリーズや『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー役を演じたセバスチャン・スタンが、来たる『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』に自身が登場するかどうかは「わからない」と話している。このイジワルなコメントは、米Colliderのインタビューで飛び出したものだ。

最新作『Destroyer(原題)』のプロモーションに際して、マーベル・シネマティック・ユニバースに関する質問にも応じたセバスチャンは、先日ジョー・ルッソ監督が『アベンジャーズ』第4作の上映時間について「今のところ(2018年11月9日時点)3時間」と発言した件について「心配してませんよ、前作(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』)も2時間半になったので」とコメント。出演者が全編の脚本を読んでいないことについて言及されると、このように述べたのだった。

「シーンの撮影中、それがパート1(『インフィニティ・ウォー』)なのか、それともパート2(第4作)なのか、誰も教えてくれなかったんですよ。正直に言うと、僕が(『アベンジャーズ4』に)出てるのかどうかもわからないんです。パート1には僕が撮影した場面が入っていましたけど、撮ったものがすべてパート1やパート2に入っているのかは今でも知りません。撮影したけど使う予定のなかった場面もありましたよ。だって、全体を混乱させるのが簡単ですからね。」

ここでセバスチャンが言及しているのは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影時からささやかれていた“フェイク・シーンが撮影されている説”だ。しかしアンソニー・ルッソ監督は、以前この説について「疲れすぎててそんなことできない」と否定している。脚本にフェイク・シーンが存在したことは事実だが、実際に撮ることはなかったというのである。しかし、セバスチャンは“使われる予定のない場面も撮られていた”と述べている。ファンを混乱させようとしているのは監督たちか、それともセバスチャンの方なのか…!

ともあれ、セバスチャンは「(作品は)僕たちですら理解していないレベルに仕上がりますよ。彼ら(制作陣)はベストを尽くしますからね」とも話しており、ルッソ監督をはじめとしたスタッフチームに全幅の信頼を示している。さて、『アベンジャーズ』第4作にバッキーの出番はあるのだろうか……あるよね……?

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)公開予定。

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly