『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』周到な流出対策 ― 実在しないシーンが脚本に執筆されていた

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を主導する米マーベル・スタジオは、『スター・ウォーズ』のルーカスフィルムに並んで、作品に対する秘密主義を貫くことで知られている。2008年『アイアンマン』に始まったMCUの集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の製作にあたっては、もちろん超厳戒態勢が図られたようだ……。

ヴィジョン役を演じているポール・ベタニーが、本作の脚本に周到な仕掛けが用意されていたことを明かしている。

流出対策は「フェイク・シーン」


米Total Film誌のインタビューに登場したポールは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』やマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏について熱く語る中で、脚本を初めて読んだ際のエピソードを明かしている。

「脚本を読んだ時、そこにフェイク(偽物)のシーンが書かれていたんです。監督(アンソニー&ジョー・ルッソ)に電話したら、二人はどれがフェイク・シーンなのか、順を追って丁寧に教えてくれましたよ。(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では)当時すでに3回情報が漏れていたので、脚本にフェイク・シーンがたくさん盛り込まれていたわけです。本物の脚本が入っていたのは、3台の“ヒーローiPad”だけだったんですよ。」

秘密主義のマーベル・スタジオで情報流出が3度も起きていたことは驚きだが、それにしても脚本に実在しないシーンを用意して、本物の脚本を厳重に管理していたとは……。これまで出演者たちは、折にふれて「何も知らない」「自分の場面しか読ませてもらっていない」と述べていたが、その真相はこういうことだったのだろう。きっと、出演者全員にフェイク・シーンの入った脚本が渡されていたはずだ。

そういえば『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影では、スパイダーマン役のトム・ホランドに対して、アクションシーンで戦う相手すら知らされていなかったというエピソードが存在した。撮影中、ルッソ監督の指示を受けながら、トムはとにかくアクションをこなすことに専念したようだ。

 

しかしながら、脚本に記されたフェイク・シーンの数々が、同じく流出対策のため実際に撮影されることはなかった。アンソニー・ルッソ監督は、以前のインタビューで「本編に存在しないシーンも撮影されているのでは?」という質問に「疲れすぎててそんなことできない」とコメントしているのである……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

Sources: https://www.screengeek.net/2018/02/04/avengers-infinity-war-paul-bettany-new-details/
http://comicbook.com/marvel/2018/02/04/avengers-infinity-war-script-fake-scenes/
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。