『アベンジャーズ4』でワスプとキャプテン・マーベルが対面か ― 女優エヴァンジェリン・リリーが示唆

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の次回作『アントマン&ワスプ』で初登場する女性ヒーロー、ワスプが『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)でキャプテン・マーベルとの対面を果たす可能性が浮上している。
ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーが米Entertainment Tonightにて示唆した。


エヴァンジェリン演じるワスプは、女性ヒーローとしては初めて映画のタイトルにその名前が冠されたキャラクター。ブリー・ラーソン演じるキャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルは、MCU作品としては史上初の女性ヒーロー単独映画『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』を控えている。女性ヒーローのスクリーンへの登場について、エヴァンジェリンはブリーと話し合う機会があったそうだ。

『アベンジャーズ』に参加していた時にブリー・ラーソンときちんと知り合って、二人とも映画に出てるんですが、彼女と(女性ヒーローについて)話をしたんですよ。
もちろん彼女はキャプテン・マーベルを演じるので、次に(映画の)タイトルになる女性ヒーローなんです。この作品(『キャプテン・マーベル』)は、さらに多くの(女性主人公の)マーベル映画の始まりだと思います。ブラック・ウィドウやスカーレット・ウィッチ…誰が次になるのか、誰の単独映画が作られるのかは知りませんけど、これは始まりなんです。」

もちろんエヴァンジェリンは、ブリーと「話をした」と述べているにすぎず、実際に共演シーンがあったかどうかは明かしていない。しかし二人が同じ現場にいたということは、この新たな女性ヒーローがなんらかの形で顔を合わせる可能性は高いだろう。

 

エヴァンジェリンが言及したブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)やスカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)に、ワスプやキャプテン・マーベルが加わり、MCUの女性ヒーローは今後さらなる充実をみせるものと思われる。ブラック・ウィドウは単独映画の計画も報じられているだけに、『アベンジャーズ』第4作を経ての活躍にも期待がかかるところだ。
また主要ヒーローではないものの、『ブラックパンサー』(2018)で印象的だったオコエ(ダナイ・グリラ)やシュリ(レティーシャ・ライト)、ナキア(ルピタ・ニョンゴ)の再登場を待望するファンも多い。むろん『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』チームのガモーラ(ゾーイ・サルダナ)やネビュラ(カレン・ギラン)らの今後も気になるところとあって、『アベンジャーズ』第4作では強い女性たちのチームアップも楽しみだ。

映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定。過去10年間の集大成は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を経てますます層が厚くなったヒーローたちの顔ぶれにも注目しよう。

Source: ET
Eyecatch Image: [左]Photo by Gage Skidmore [右]Photo by THE RIVER Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。