『アベンジャーズ4』全撮影が終了 ─ ルッソ監督、謎の発光物体を紹介でファン推理始まる

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)に続くマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『アベンジャーズ』第4作目(タイトル未定)が、再撮影を終了したようだ。監督のルッソ兄弟が自身のTwitterで報告した。

ルッソ監督は、撮影終了を意味する”wrapped”のハッシュタグのみを添えて、青く発光する何かの画像を添付。ファンらは早速この画像の意味するところの解析を急いでいる。「アダム・ウォーロックのコクーンかも」「スティーブ・ロジャースの棺かもよ」「シルバーサーファーか?」「宇宙ゴミ箱」と、意見は様々だ。米Digital Spyは「輝度を下げたところ、ただの車のヘッドライトのようだ」、米FisrtPostは「テッセラクト」、米The Mary Sueは「ストームブレイカーのようなアスガルドの武器か、キャプテン・マーベルの力かも?」と推理しながら伝えている。

ルッソ兄弟といえば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』当時、同作初の予告編映像を公開するあたって数日前から自身のSNS上でカウントダウン告知を行うなど、SNSを活用したユニークなファンサービスの理解者。2018年9月には意味深な舞台裏写真を投稿し、何か隠されたメッセージがあるではないかとファンの好奇心を駆り立てた(結局、今の所正解らしいものは判明していない)。ここに続けての謎の写真とあれば、『アベンジャーズ4』に関する重要な要素とも勘ぐりたくなるが、果たして真相は…?米掲示板Redditでは、「今後数カ月はこの画像の解析と推理で決まりだな」との書き込みのもと、今も様々な推理が寄せられている。

一方Twitterでは

それにしても今回の画像は難題が過ぎるようで、ほとんどのファンは「さっぱりわからん」とお手上げ状態。解析を諦めた者たちは、自身の反応を代弁するGIF動画や画像を淡々と貼り付けていく。

『アベンジャーズ4』は、これをもって全ての撮影を終了。謎に包まれたタイトルの発表時期について、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は以前「『キャプテン・マーベル』のティザー(予告映像)が出たあと」と伝えていた。待望のタイトルと予告編映像は、年内中には届けられるだろうか…?

映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日より米国公開予定。果たして、この発光物体は本編に関与するのか?

Source:@Russo_Brothers

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。