Menu
(0)

Search

カイロ・レン役アダム・ドライバー スターウォーズの秘密を守るのは「楽しかった」と暗黒微笑

世界中のファンの関心を集める映画『スターウォーズ』シリーズ。今現在も新作が制作中の同作にはストーリーや設定に謎や考察の余地が多く、たくさんのファンがその謎解きの虜になっている。
謎の答えを知っているのは、当然ながら制作陣とキャストのみ。彼らは、事あるごとにメディアの取材で映画の具体的なネタバレ内容について迫られるが、その度にうまく答えをかわしている。先日はフィン役のジョン・ボイエガも「何か言っちゃったらディズニーのスパイに殺されますからね」とジョークを飛ばしていた。

果たして銀河の重大な秘密を握るキャスト達は、映画公開まで何も話せないという口がムズムズするような状況をどうやりくりしているのだろうか。『スターウォーズ フォースの覚醒』劇中では衝撃的なシーンを演出したカイロ・レンを演じたアダム・ドライバーは、この度ハリウッド・レポーターのインタビューに応じ、その秘密を守る事は意外にも「楽しかった」と明かした。

(質問)スターウォーズに関する情報の秘密を守るのに苦労する事は?

「僕とハリソン・フォードに起きたやつ(=フォースの覚醒の例のシーン)は、大変でした。でも、僕は(秘密を)知っているけれど誰にも話さないという状態のパワーが好きでしたね。
あれは…フフッフ…(暗黒微笑)、とんでもない事でした。

adam

でも実際、誰にも何も知らせないというのは楽しいもんでしたよ。自分の妻にも話しませんでしたからね。彼女は映画で僕の身に何が起こるかなにも知らなかったんです。彼女がみんなと映画を最初に観たときのリアクション、面白かったな。
でも、2年ですからね、秘密を守るのは。」

秘密を知っているけれど話さない、その状態を『パワー』と表現し、さらにその状態を楽しんでいたという不敵な笑みを浮かべるアダム・ドライバーのその姿からは、ダークサイドに近い何かを感じる。

そういえば、『フォースの覚醒』の公開後しばらくは、TwitterやFacebookなどあらゆるSNS上でカイロ・レンとハン・ソロの衝撃的シーンについて自発的に言及しまいとする『暗黙の了解』が浸透していた空気感を思い出した。きっと『ローグワン』や『エピソード8』公開後も、同じ慣習が繰り返されるのだろう。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly