Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』でクリス・ヘムズワースのソーは引退しない? ─ タイカ・ワイティティ監督が意味深発言

『ソー:ラブ&サンダー』
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の単独スーパーヒーロー映画シリーズで、初となる第4作に突入する『マイティ・ソー』シリーズ。待望の続編『ソー:ラブ&サンダー』ではナタリー・ポートマンがジェーン・フォスター役でカムバックを果たし、“もうひとりのソー”役を演じることも大きな話題となっている。

その展開とシリーズの今後について、米Total Filmのインタビューに登場したタイカ・ワイティティ監督が回答。まず、ジェーンがソーになる物語が描かれたジェイソン・アーロンによるコミックに、どこまで今回の映画が忠実なのか質問され、監督は以下のように説明している。

「ジェーンのストーリーラインとジェーンの身に起こったことは、この映画に大きな影響を与えたので、かなり忠実です。その良いところを取り入れようとしました。

それに面白いアイデアがあるんです。ソーがストームブレイカーという大きな斧を手に入れたと思ったら、今度は彼のハンマーが戻ってきて、他の誰かの手に渡ってしまうわけですから。もう、彼のハンマーではありません。それは、誰かが彼の代わりを務めるという発想なのです。これに対して多くのファンは、“ああ、なるほど。これはバトンの受け渡しなんだな”と、潜在的に決め込んでいるのではないでしょうか。マーベルが今後どんな計画を立てているのかは知りませんが、それは当てはまらないと思います。

ワイティティが言う「誰か」とは、ポートマン演じるジェーンであることは間違いないだろう。そして気になるのは、「それは当てはまらない」という発言だが、“バトンの受け渡し”の部分を意味しているように思える。

どうやら監督は、第4作で自分探しの旅に出るソーの代わりにジェーンがその座を引き継ぎ、ソー役を演じてきたクリス・ヘムズワースがシリーズから卒業するのではないかという、ファンの懸念や推測を否定しているようだ。ということは、『キャプテン・アメリカ』シリーズでスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)からファルコン/サム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)へ主役のバトンが受け渡されたようなケースは、『マイティ・ソー』シリーズでは起きないということなのだろうか。もしかしたら、ジェーンとソーがダブルで続投する可能性を意味しているとも考えられそうだ。

ワイティティ監督の意味深な発言の答えは、2022年7月8日に日本公開される『ソー:ラブ&サンダー』で出るかもしれない。

Source:Total Film

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly