ハリウッド実写版『AKIRA』ひっそり準備進行中?美術監督、特殊効果担当者が決定との情報

大友克洋による漫画作品『AKIRA』(講談社刊)のハリウッド実写化企画が、水面下で着々と進行している可能性が出てきた。これまで数々の監督候補者、主演候補者の名前が浮かんでは消えていった本企画だが、ワーナー・ブラザースは今度こそ実現に向けて本気で舵を切っているのかもしれない。

Omega Undergroundは、ハリウッド実写版『AKIRA』に参加しているという複数のスタッフについて伝えている。いずれも公式発表ではないため情報の信憑性を100%保証できるものではないが、事実であればプロジェクトはゆるやかに、しかし確実に動いているといえるだろう。


現在、『AKIRA』の美術監督(プロダクション・デザイナー)として伝えられているのは、シェーン・ブラック監督作品『ザ・プレデター』(2018)のマーティン・ホイスト&デヴィッド・スコット。マーティンは『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』(2015)、スコットは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)などの話題作に連続して参加している人物だ。

また特殊効果スーパーバイザーには、同じく『ザ・プレデター』のジョエル・ホイスト。映画『ウォッチメン』(2009)や『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)、Netflixドラマ『オルタード・カーボン』(2018-)を手がけた人物である。

今回の情報が正しければ、実写版『AKIRA』は監督が決定しないうちから美術や特殊効果の作業がスタートしていることになる。2017年9月には『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のタイカ・ワイティティ監督がワーナーとの交渉に入ったと報じられたが、タイカ監督は2018年4月時点で検討中だと明かしていたほか、現在は新作映画『Jojo Rabbit(原題)』の撮影中。仮にタイカ監督に決まった場合も、プロジェクトの本格始動はしばらく先になりそうだ。

Source: Omega Underground
Eyecatch Image: Photo by Hugo Chisholm Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。