Menu
(0)

Search

『アラジン』実写版、アンダース王子のスピンオフ企画は現在も進行中

アラジン
(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

2019年12月、ディズニーが不朽の名作アニメを実写映画化したアラジン(2019)のスピンオフ企画(タイトル未定)が始動したと報じられた。それから2年が経ち、プロジェクトの進捗状況に関する情報は届いていなかったが、どうやら現在も企画は進行中のようだ。

そのスピンオフ企画で主人公となるのは、『アラジン』でジャスミン(ナオミ・スコット)に求婚すべくアグラバーを訪れた、ビリー・マグヌッセン演じるスカンランド国のアンダース王子。実写版に追加されたオリジナルキャラクターで、出番はわずかながらコメディリリーフとして印象を残し、彼の物語がディズニープラス(Disney+)で新たに描かれると伝えられていた。

Screen Rantの取材に、出演作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の配信デビューを宣伝するために登場したマグヌッセンが、実写版映画『アラジン』のスピンオフについて言及。「(大声で笑いながら)それね!君のために取っておきました。動いていますよ」と簡潔に回答。今も企画が進行していることは認めていたが、どんな作品になるのかといった詳細には固く口を閉ざしていたとのこと。

なお、2年前にスピンオフ企画が浮上した時は、マグヌッセンがアンダース王子役で続投し、脚本家には、業界で注目される新鋭コメディ作家のジョーダン・ダン&マイケル・クヴァムが起用されたと報じられていた。また、プロデューサーには実写版『アラジン』を手がけたダン・リンとジョナサン・アーリックが再登板するとの情報だったが、現在も同じ面々がスピンオフに関与しているのかは不明だ。今後の進展や、キャスト情報などに注目しておきたい。

あわせて読みたい

Source:Screen Rant

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly