Menu
(0)

Search

巨匠ペドロ・アルモドバル、バットガール映画の製作に興味あり ─「自分のやり方でやらなければならない」

ペドロ・アルモドバル
Photo by Ruben Ortega https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pedro_Almod%C3%B3var_at_Premios_Goya_2017_1.jpg | Remixed by THE RIVER

『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999)『ペイン・アンド・グローリー』(2019)などのスペインの巨匠監督、ペドロ・アルモドバルは、バットガールをメインキャラクターとした映画を監督することに関心を持っているようだ。

マーティン・スコセッシやリドリー・スコット、そしてジェーン・カンピオンまでがスーパーヒーロー映画に対して厳しい意見を発言する中、Varietyのインタビューにてアルモドバルは彼らとは異なる意見を述べている。インタビューにてスーパーヒーロー映画を監督する可能性について問われたところ、アルモドバルは「バットガールで何かやりたいと思っています」と答えた。

DCコミックスのキャラクターであるバットガール/バーバラ・ゴードンは、ゴッサム・シティのジェームズ・ゴードン警察長官の娘。コンピューターのスキルをはじめ、格闘家や探偵としての類まれない才能まで持つ天才で、バットマンと共闘することもある。バットガールはコミックスだけでなく、アニメ・ドラマ・映画にも登場しており、HBO Maxにて彼女を主人公とした実写映画版企画も現在進行中だ

アルモドバルは、そんなバットガールの映画を監督することに関心があるようだが、「自分のやり方でやらなければなりません」と述べている。あえてバットガールを選択した理由は定かでないが、アルモドバルといえばキャリア通して女性に焦点を当てた作品を数多く手がけてきたことで知られるため、それが背景にあるのかもしれない。また、赤を特徴とした色鮮やかな映像表現を通して、登場人物たちの背景や心情を静かにも深く掘り下げることを得意とする監督だけに、これまでにはないスーパーヒーロー映画を作り上げてくれるに違いない。

ちなみに、ペドロ・アルモドバル監督最新作『Madres Paralelas(原題)』は、ヴェネツィア国際映画祭で初上映され、メインキャストのひとりであるペネロペ・クルスが女優賞に輝いた。出産を控えた病室で偶然にも出会ったふたりの女性を通して、監督が繰り返し描いてきた母性を紐解いていく作品だ。2021年12月24日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly