Menu
(0)

Search

『アントマン&ワスプ』コンセプトアート公開!ついにタッグ結成、おなじみの顔ぶれも再集結

アントマン
© Walt Disney - Marvel Studios - Big Talk Productions 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース作品『アントマン』(2015)の続編、『アントマン&ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』よりコンセプトアートが到着した。これは2017年7月23日、米国「サンディエゴ・コミコン2017」の会場にて公開されたものだ。

この画像をTwitterに投稿したのは、マーベル・スタジオのアンディ・パーク氏。先日の「D23 Expo 2017」でもワスプの第1弾ビジュアルをいち早く全世界に共有してくれた人物だ。

今回のアートに描かれているのは、スコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)とホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ(エヴァンジェリン・リリー)のほか、ハンク・ピム博士(マイケル・ダグラス)、スコットの仲間であるルイス(マイケル・ペーニャ)、そしてスコットの娘キャシー(アビー・ライダー・フォートソン)だ。
ルイスが本編では見せないようなキリッとした表情で描かれていることはさておき、アートに早くも登場している娘のキャシーはきっと物語の鍵をふたたび握ることになるのだろう

『アントマン&ワスプ』では、すでに『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でその性能を発揮したように、アントマンが“ジャイアントマン”としても存分に活躍することになりそうだ。ワスプもどうやら伸縮自在で戦いそうなので、本編ではあらゆるサイズ感のアクション・シーンを楽しむことができそうである。
思えばマーベル・シネマティック・ユニバースで、人間のサイズを超えたヒーローは意外とその数が少ない。現時点での例外はブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)だが、それにしても「超巨大」と形容しうるサイズではないのだ。その中にあって圧倒的に巨大化できるジャイアントマンだが、本編ではアートに描かれているようにヘリコプターを叩き落としたりするのだろうか……。もはや怪獣の戦い方ではないか……。

ちなみに「サンディエゴ・コミコン2017」では、本作にミシェル・ファイファーやローレンス・フィッシュバーンらが出演することも明かされている

映画『アントマン&ワスプ』は2018年7月6日に米国公開予定

Source: https://www.comicbookmovie.com/ant-man/ant-man_and_the_wasp/ant-man-and-the-wasp-official-sdcc-poster-unites-the-heroes-of-the-upcoming-marvel-sequel-a152783
© Walt Disney – Marvel Studios – Big Talk Productions 写真:ゼータ イメージ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly