Menu
(0)

Search

『アントマン』第3作、まもなく撮影開始へ ─ ピム博士役マイケル・ダグラス、「ひげを生やす時間です」

antman アントマン
https://www.instagram.com/p/CKT_DqeMobb/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気シリーズ『アントマン』の第3作『アントマン&ワスプ クアントゥマニア(原題:Ant-man And The Wasp Quantumania』の撮影が、まもなく開始されるようだ。ハンク・ピム博士役マイケル・ダグラスが明かしている。

『アントマン』シリーズでは、元泥棒の主人公スコット・ラングが元S.H.I.E.L.D.のハンク・ピム博士に見出され、“アリのように”小さくなるアントマンとして活躍する。続編『アントマン&ワスプ』(2018)では、ピム博士の娘であり、スコットの恋人であるホープ・ヴァン・ダインもハチのスーツを身にまとい“ワスプ”として登場。第3作は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)を経ての物語となる。

このたび、前2作から続投するピム博士役のダグラスが自身のInstagramを更新。劇中の場面写真を添えて、「ひげを生やす時間ですね…ハンク・ピムが帰ってきますよ!」と、まもなくの撮影開始を知らせている。かねてより、撮影は2021年春の開始予定と伝えられているが、ダグラスも準備に入ったということだから、開始時期が早められている可能性も考えられる。

第3作にはダグラスのほか、アントマン/スコット・ラング役ポール・ラッドやワスプ役エヴァンジェリン・リリー、初代ワスプ役ミシェル・ファイファーが揃って復帰。新キャストとしては『名探偵ピカチュウ』(2019)などで知られるキャスリン・ニュートンが主人公スコット・ラング/アントマンの娘キャシー・ラング役で出演するほか、ヴィランとして登場する征服者カーンをジョナサン・メジャーズが演じることも発表されている。

監督にはシリーズ前2作のペイトン・リードが続投。脚本には、アニメ「リック・アンド・モーティ」やマーベル・コミック、アカデミー賞授賞式などの経歴を持つジェフ・ラブネスが参加している。

ちなみに、同じくMCU作品の『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』は『アントマン』第3作に先がけて、まもなく撮影開始となる。MCUの映画作品群も続々と始動だ。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly