Menu
(0)

Search

「エージェント・オブ・シールド」シーズン7で完結か ─ フィル・コールソン役俳優が示唆

エージェント・オブ・シールド
© 2016 MARVEL

米ABC局製作、マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズ「エージェント・オブ・シールド」(2013-)が、2019年3月現在撮影されているシーズン7をもって完結する可能性が浮上している。フィル・コールソン役のクラーク・グレッグが語った。

映画『キャプテン・マーベル』(2019年3月15日公開)で、クラークは若き日のコールソンとして『アベンジャーズ』(2012)以来のスクリーン復帰を果たす。そんなコールソンが現在も最前線で活躍しているのが「エージェント・オブ・シールド」なのだが、クラークは米Den Of Geekの取材にてこのように語っているのだ。

「僕の聞いた話では…僕の読んだ発表では、シーズン6・7、あと2シーズンということでした。」

「エージェント・オブ・シールド」シーズン6は2019年5月に米国で放送予定。同シーズンの撮影も終わっていない2018年11月、ABCはシーズン7の製作を決定していた。また2019年2月の時点で、早くもシーズン7の撮影が開始されていることも判明済みだ。長きにわたった物語を完結させるため、シーズン7の製作を早期決定したということなのか…?

しかしながら一概に言えないのは、クラークがシーズン7の内容について「ほとんど知らない」とも述べているためである。「あと2シーズン」という言葉も、「あと2シーズンで完結」なのか、それとも「ひとまず2シーズン作る」のかでは意味合いがまったく変わってくるものだ。ともあれ、クラークはシーズン6について「見てもらえるのが楽しみです」と語っている。「僕と一緒にやってきた人たち、そしてフィル・コールソンがまったく新しいところへ向かっていきますよ」。

2019年は『キャプテン・マーベル』に「エージェント・オブ・シールド」シーズン6と登場の相次ぐフィル・コールソンだが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』や「エージェント・オブ・シールド」シーズン7以降のカムバックについては不明。映画への再登場について興味を尋ねられると、クラークはこう答えている。

「これまでの道のりにとても感謝しています。ですから、何かをお願いするのはためらわれますね。だけど、マーベル・ユニバースに求められた時に“ノー”とは決して言いません。これまでの仕事を、本当にありがたく思っているんです。」

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン6は2019年5月に米国放送予定。シーズン7の放送時期は未定。

あわせて読みたい

Source: Den Of Geek

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly