Menu
(0)

Search

「エージェント・オブ・シールド」最終シーズン、5月に米放送決定 ─ 2013年開幕、MCU最長ドラマがついに完結

エージェント・オブ・シールド
© 2016 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最長のドラマシリーズエージェント・オブ・シールド(2013-)の最終シーズン(第7シーズン)が、2020年5月27日より米国で放送されることが決定した。米ABC局とマーベル・テレビジョンが発表した。このたび、ティザー映像とポスタービジュアルが公開されている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marvel Entertainment(@marvel)がシェアした投稿

「エージェント・オブ・シールド」は、MCU映画作品の黎明期を支えた、クラーク・グレッグ演じるフィル・コールソンを主人公に、S.H.I.E.L.D.のメンバーがさまざまな事件に挑んでいく物語。シーズン7にはクラークのほか、おなじみのミン・ナ・ウェン、クロエ・ベネット、イアン・デ・カーステッカー、エリザベス・ヘントリッジ、ヘンリー・シモンズらが再集結した。

最終シーズンは全13話構成となり、長きにわたるストーリーが堂々のフィナーレを迎える。製作総指揮のジェフ・ローブは、その結末について「あらゆる要素をまとめあげる」「ファンのみなさんだけでなく、出演者、マーベル、ABCの全員が満足できるもの」と自信を示していた。撮影は2019年にすべて終了しているため、新型コロナウイルスの影響は最低限に抑えられているとみられる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Marvel Entertainment(@marvel)がシェアした投稿

なお、シリーズの製作を務めてきたマーベル・テレビジョンは2019年12月に閉鎖が決定済み。映画部門だったマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、マーベル・エンターテインメント全社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任したことで、マーベル・テレビジョンはマーベル・スタジオに統合されたのだ。これに伴い、マーベル・テレビジョンが独自に進めてきたドラマシリーズは随時終了しており、新企画もすべて打ち切られている。「エージェント・オブ・シールド」は旧体制による最後の作品として、このたび華々しい幕引きを迎えることになる。

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」最終シーズン(第7シーズン)は2020年5月27日より米国放送予定

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly