「エージェント・オブ・シールド」シーズン6、フィル・コールソン役俳優が監督に再登板 ― 第1話「Missing Pieces」で

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)にてS.H.I.E.L.D.エージェントのフィル・コールソン役を演じてきたクラーク・グレッグが、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン6の第1話で再びメガホンを取る。マーベル・テレビジョンが正式に発表した。

クラークが「エージェント・オブ・シールド」で監督を務めるのは、日本では2018年8月4日(土)よりWOWOWプライムにて放送されるシーズン5の第6話「Fun & Games(原題)」以来2度目。全13話構成となる新シーズンを、我らがフィル・コールソンがカメラの後ろでも強力に引っ張っていくことになる。

このたびマーベル・テレビジョンが発表しているシーズン6第1話のタイトルは「Missing Pieces(原題)」。脚本はシリーズのショーランナー(制作統括)を務めるジェド・ウィードン&モーリサ・タンチャローエンが執筆する。もちろんストーリーの内容は不明だが、2019年夏の米国放送に先がけて、早くも第1話の脚本は完成しているようだ。

 

『アイアンマン』(2008)や『マイティ・ソー』(2011)、『アベンジャーズ』(2012)などでフィル・コールソン役を演じるなど、俳優としての印象が強いクラークは、映画『ホワット・ライズ・ビニース』(2000)で原案・脚本を担当したほか、『セックス・クラブ』(2008)の脚色・監督・出演、『Trust Me(原題)』(2013)の脚本・監督・出演を務めるなど、クリエイターとしても充実したキャリアを積んできた人物。しかしシーズン5の監督就任時には、インタビューでこんな慎重な発言を残していた

「テレビ番組の監督をすることは、インディーズ映画を撮るのとはまるで違います。(インディーズ映画では)脚本を書こうが、脚色しようが、それをあわてて書き直そうが、それは自分の作風ですから。すでにあるテーマやビジュアルのスタイルに合わせようとはしないんです。本当に別の仕事ですよ。」

ちなみにクラークは、2019年公開『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』で若かりし頃のフィル・コールソン役としてMCUの映画作品に復帰する。2019年は映画とテレビの両方でその活躍を見られるというわけだ…!

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン6は2019年夏に米国放送予定

Source: Agents of SHIELD

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。