Menu
(0)

Search

『エージェント・オブ・シールド』シーズン6の製作が決定 ― 全13話構成、規模縮小へ

エージェント・オブ・シールド
(C) 2016 MARVEL

米ABC&マーベル・テレビジョンが製作する、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマ作品『エージェント・オブ・シールド』シーズン6の製作が正式に決定した。米Hollywood Reporter誌、Deadline誌など複数のメディアが伝えている。

『エージェント・オブ・シールド』といえば、『アベンジャーズ』(2012)などMCUの映画作品にも登場する国家組織S.H.I.E.L.D.の活躍を描く人気シリーズで、クラーク・グレッグ演じるフィル・コールソンが主人公を務める。映画と直接的なストーリーの繋がりは薄いものの、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)でS.H.I.E.L.D.に大きな変化が生じて以降は物語の方向性が変わるなど、世界観を共有しているからこそのストーリーテリングが特徴だ。

今回の報道によれば、来たる『エージェント・オブ・シールド』シーズン6は全13話構成となる。シーズン1~5は全22話構成だったため大幅な規模縮小となるが、ABCがシリーズの継続を見直していたことが大きな要因と思われる。本シリーズは世界中に熱心なファンを持つ作品にもかかわらず、米国での視聴率が下落傾向にあり、2018年1月にはシリーズ継続が未定であることが示唆されていたのだ。ただし本シリーズは高い録画率を示しているほか、海外で高い人気を獲得してもいる。

2018年2月、『エージェント・オブ・シールド』のショーランナーを務めるジェド・ウェドン氏は、現在米国で放送されているシーズン5の結末について「どんなラストになるかは決まっている」としながらも、それがシーズン5の結末になるか、シリーズ全体の結末になるかは「どちらか」だと強調していた。2種類の結末があらかじめ用意されており、「直前に方向転換することも、調整することもできます」として、局の意向に沿って内容を変更する可能性を示唆していたのだ。
なおシーズン5の最終話は2018年5月18日(米国時間)に放送される。映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の内容にどれだけ繋がるのかも注目のポイントだろう。

『エージェント・オブ・シールド』がシーズン6で完結を迎えるのか、それとも継続の有無は未定なのか、正確な状況は報じられていない。ABCは『エージェント・カーター』をシーズン2で、『インヒューマンズ』をシーズン1で打ち切ってきたが、長寿シリーズとなった本シリーズは今後どうなることか……。続報を待ちながら、今はシーズン5の日本上陸も楽しみにしておこう。

Sources: THR, Deadline, Variety, TV Line

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly