Menu
(0)

Search

怪獣と巨大猿が激突、『エイプvsモンスター』米予告編が公開 ─ 『シャークネード』のスタジオが製作

https://www.youtube.com/watch?v=55SXvPwmogY

怪獣と巨大な猿、アメリカで激突。いったい誰が待望したのかわからない対決映画、『エイプvsモンスター(原題:Ape vs. Monster)』の米国版予告編が公開された。何も言わずに映像をご覧いただきたい。

予告編は、砂漠地帯でとある任務に挑む特殊部隊の姿から始まる。一同は巨大な猿を捕獲し、エイブラハムと名付けるが、彼の身体は捕獲時から巨大化を続けていた。時を同じくして、巨大なトカゲが砂漠地帯に出現。どうやら両者の巨大化には、核廃棄物の影響があるらしい。二体の怪獣は戦いながら移動し、ついにワシントンの地で決戦の火蓋が切って落とされる。

製作は『シャークネード』シリーズでおなじみのアサイラム。1997年の設立後、2000年代半ばより有名大作映画のパチモノB級映画を数え切れないほど世に送り出し、一部のファンから熱狂的な支持を得てきた。予告編でも、やけにスリムな巨大猿が怪獣の顔面をぶん殴るシーンがあり……。監督は、同じくアサイラムで『トップガン』ならぬ『トップガンナー』(2020)を手がけたダニエル・ルスコ。出演者は『ダークナイト』(2008)『エクスペンダブルズ』(2010)のエリック・ロバーツほか。

あわせて読みたい

Source: CBR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly