Menu
(0)

Search

アナ・デ・アルマス、『ジョン・ウィック』のスピンオフ『バレリーナ』アクション撮影で満身創痍 ─ 「身体中アザだらけで辛い」

Eric Longden https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ana_de_Armas,_March_2018,_GQ_Mexico_03.jpg

ジョン・ウィック』シリーズのスピンオフ映画、『バレリーナ(原題:Ballerina)』で主演を務めるアナ・デ・アルマスによると、劇中のアクションシーンはとてつもなくハードだったようだ。米トーク番組『Tonight Show: Jimmy Fallon』出演時のエピソードを米Cinemablendが紹介している。

本作はキアヌ・リーブス主演によるメインシリーズの第3作『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)に登場したバレリーナを主人公とする物語で、家族を殺し屋に奪われた若い女性が、復讐のため同じく殺し屋へ変貌するストーリーだとされる。アルマスのほか、『ジョン・ウィック』シリーズで主演のキアヌ・リーヴスやガブリエル・バーン、アンジェリカ・ヒューストン、ノーマン・リーダスらが出演する。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)『グレイマン』(2022)とアクション映画での存在感を増すアルマスにとっても、『バレリーナ』のアクションは相当肉体を酷使するものだったようだ。撮影のプロセスについて「撮影のためにチェコ・プラハに4か月滞在したのですが、まだもう1か月あります。すごくキツいです。体も背中も何もかもが痛いんです。ぼやいていましたよ、痛いし、アザだらけだし。『007』は15分の出演でしたけど、『バレリーナ』は作品丸ごとですから別次元ですよね」とコメント。しかし満身創痍のアルマスは、キアヌとのシーンを機に気持ちを入れ替えることができたのだそうだ。

「ある日、キアヌと私はとても難しいアクションシーンのリハーサルをしていたんです。そうしたらキアヌは転がって私を投げ飛ばして、びっくりするようなアクションを見せたんですよ。『もうぼやいてはいられないぞ』って思いましたね。だって彼はやってのけたんだから。本当に彼は最高ですよ。」

『ジョン・ウィック』シリーズは作品を追うごとに作品のスケールもアクションもレベルアップ。当初予定していた4作目と5作目の連続撮影を「キツすぎるから中断した」と監督のチャド・スタエルスキが告白している。キアヌ本人も4作目を「今までで一番ハードな映画だった」を語っていたため、『バレリーナ』もシリーズに共通する激しいアクションが見どころとなるだろう。

『バレリーナ』は『アンダーワールド』シリーズでメガホンを取ったレン・ワイズマンが監督を、『ジョン・ウィック:パラベラム』『ジョン・ウィック:チャプター4(仮題)』のシェイ・ハッテンが脚本を務める。なお、脚本には『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020)のエメラルド・フェネルも参加している(クレジットの有無は不明)。プロデューサーは『ジョン・ウィック』シリーズのチャド・スタエルスキ監督、ベイジル・イヴァニク、エリカ・リーら。

アナ・デ・アルマス主演『バレリーナ(原題:Ballerina)』の公開時期は未定。

Source:Tonight Show: Jimmy Fallon,Cinemablend

Writer

Yuka Shingai
Yuka ShingaiYuka Shingai

携帯向け音楽配信事業にて社内SE、マーケティング業務に従事した後、妊娠・出産を機にフリーライターに転向。 映画とお酒と化粧品が好き。日課のオンライン英会話でもしょっちゅう映画の話をしています。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly