Menu
(0)

Search

マーベルドラマ「アーマー・ウォーズ」、アイアンマン/トニー・スタークの不在がカギ ─ ウォーマシン役ドン・チードルが明かす

アベンジャーズ/エンドゲーム
MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作ドラマ、ウォーマシンが登場する「アーマー・ウォーズ(原題:Armor Wars)」は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2020)で表舞台を去ったアイアンマン/トニー・スタークの“不在”がカギを握る物語になるという。ウォーマシン/ジェームズ・“ローディ”・ローズ役のドン・チードルが米ProBibleにて語った。

この記事には、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

ホットトイズ アベンジャーズ/エンドゲーム

『アイアンマン』(2008)からMCUの物語を牽引してきたアイアンマン/トニー・スタークは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でサノスの目論みを食い止めるべく、インフィニティ・ストーンを嵌めたガントレットで指を鳴らし、自分自身を犠牲にした。“その後”を描くとみられる新作ドラマ「アーマー・ウォーズ」では、トニーにとって最大の恐怖である「もしも技術が悪の手に渡ってしまったら?」が現実化すると報じられている。

チードルによると、「アーマー・ウォーズ」の脚本作業は2021年3月に開始される予定。これに先がけて、チードルは「はっきり分かっていることは、トニー・スタークの死が(物語の)ある役割を担っているということ」と明言し、さらにウォーマシンのさらなる進化も示唆した。

「ローディの展開という点で言えば、前作(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)で彼は再び立ち上がり、歩き、動けるようになりました。つまりテクノロジーが進化するにつれて、スーツも革新を続けているわけです。ですから、今度も新たな進化が起こり、ローディの一面をより掘り下げることになるのではないかと思いますね。」

MCUのドラマ作品は「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、ヒーロー/ヴィランの名前をタイトルに冠した作品が多いが、「アーマー・ウォーズ」はその例外にあたる。ウォーマシンが主要人物であることは確かだが、タイトルから察するに、さらなる“アーマー”たちが登場することにもなりそうだ。

もっとも、脚本作業がもうすぐ始まるということは、本作はまだ企画の初期段階にあるわけだ。チードルは「いかにしてコミックと映画の間に橋を架け、(MCUの)世界を動かしていくのか、とても楽しみにしています」と話した。

あわせて読みたい

マーベル「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」にウォーマシン登場 ─ ドン・チードルが認める

Source: ProBible

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly