Menu
(0)

Search

『アバター』続編に『ワイルド・スピード』ヴィン・ディーゼルが出演か ─ ジェームズ・キャメロンとの仕事を報告

https://www.instagram.com/p/Bv0Mu2tHtBo/ スクリーンショット

映画『ワイルド・スピード』シリーズや『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』グルート役などで知られる俳優ヴィン・ディーゼルが、ジェームズ・キャメロン監督『アバター』(2009)の続編映画に参加している可能性が浮上してきた。ヴィンのInstagramには、ジェームズ監督とのメッセージ映像が投稿されている。

「旅はつづく… #blessed(楽しい) #grateful(感謝) #Avatar」とのキャプションが添えられた映像では、スタジオと思しき巨大な施設に立っているヴィンとジェームズ監督のほか、その背後には機材が並んでおり、スタッフが作業をしているらしい様子が捉えられている。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

And the journey continues… #Blessed #Grateful #Avatar

Vin Dieselさん(@vindiesel)がシェアした投稿 –

映像の冒頭で、ジェームズ監督は「いま私たちは、『アバター』の2作目、3作目、4作目、そして5作目のセットにいます。トップシークレット、マンハッタン計画(編注:第二次世界大戦中、米・英・加が原子爆弾を製造、実験した計画)のようなものです」と説明。「昔からの友達、ヴィンがいますが、これから『メン・イン・ブラック』の光るヤツを見せるつもりです。だから、帰るときには何も記憶がありません。みなさんにも見せますよ」と話した。

するとヴィンは「みんなは何も見てない、何も見てません」と言葉を重ねて、「以前からやりたかったことです。ずっと一緒にお仕事したかった、学びたかったハリウッドの人間がここにいるんですよ」とジェームズ監督を示してみせている。ヴィンが実際に『アバター』続編に出演しているかどうかは明言されていないが、ジェームズ監督となんらかの作業に入ったこと、それが『アバター』に関連することはおそらく確かだろう。




ちなみにキャメロン監督は、2018年11月の時点で、『アバター』第2作・第3作の主要キャストが撮影を終了したことを報告していた。またプロデューサーのジョン・ランドー氏によると、第2作と第3作、および第4作の一部についてパフォーマンス・キャプチャーの撮影が終了済みとのこと。実写パートの撮影が2019年春よりニュージーランドで行われることも判明していた。しかしヴィンとジェームズ監督がいる場所は、とても実写映像を撮るような空間には見えないが……?

『アバター』続編シリーズには、前作よりサム・ワーシントンやゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーブン・ラングらが続投。新キャストとして『タイタニック』(1997)でジェームズ監督とタッグを組んだケイト・ウィンスレット、ドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」(1999-2007)で知られるイーディ・ファルコ、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」(2015-)のクリフ・カーティス、ドラマ「TABOO」(2017-)のウーナ・チャップリンらが起用された。

映画『アバター2(仮題)』は2020年12月18日、『アバター3(仮題)』は2021年12月17日に米国公開予定。続く第4作は2024年12月20日、第5作は2025年12月19日に米国公開されると告知されている。

あわせて読みたい

Source: Vin Diesel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly