Menu
(0)

Search

『アバター』続編、コンセプトアートが米公開 ─ 「世界の新たな一面見せる」第5作まで製作予定

https://www.instagram.com/p/B7Ac7VTAYOR/

2009年製作、ジェームズ・キャメロン監督作品アバター』の続編映画(タイトル未定)のコンセプトアートが米公式SNSにて公開された。『アバター』続編シリーズは2021年に第2作が公開され、その後、2027年の第5作まで隔年で発表される予定だ。

このたび公開された4枚のコンセプトアートは、いずれも物語の舞台である衛星パンドラを異なる角度から捉えたものだ。美しい海と緑豊かな土地や、いくつもの惑星や月が浮かんでいる夜空、翼竜に乗って移動するナヴィ族、そして知られざる水棲動物などが描かれている。今回の投稿には、続編では「続編ではパンドラにただ戻るのではなく、世界の新たな一面をお見せします」とも記された。

『アバター』続編シリーズはそれぞれが独立したストーリーになるというが、その全貌は謎のベールに包まれたまま。すでにジェームズ・キャメロンは第2~5作の脚本を書き終えており、モーションキャプチャーの撮影は第4作まで進んでいるとのこと。実写パートの撮影はほぼ終了しているものの、今後、2020年春にも数ヶ月間の撮影が予定されているという。

出演者には前作より、サム・ワーシントンやゾーイ・サルダナシガニー・ウィーバースティーブン・ラングらが続投。新キャストとしてケイト・ウィンスレット、「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」(1999-2007)のイーディ・ファルコ、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」(2015-)のクリフ・カーティス、ドラマ「TABOO」(2017-)のウーナ・チャップリンらが登場する。なお、第2作の予告編が公開されるのは当面先になるとのことだ。

映画『アバター』続編シリーズは、第2作が2021年12月17日に、第3作が2023年12月22日に、第4作が2025年12月19日に、第5作が2027年12月17日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly