キャプテン・アメリカ、『アベンジャーズ』第4作で再び1940年代へ?撮影現場写真から憶測浮上

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、そして『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)のストーリーはいまだ謎に包まれている。関係者のインタビューやパパラッチの撮影した写真によって、その一部が示唆されるほど、かえって作品の全貌がわからなくなるような印象すらあるのだ。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』および『アベンジャーズ』第4作のネタバレとなりうる内容が含まれています。

このたび米Atlanta Journal Constitutionが入手した情報によると、2017年11月22日(現地時間)、アトランタで行われている『アベンジャーズ』第4作の撮影現場にスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが登場したという。
しかし気になるのは、その撮影現場の装いだった。同紙のウェブサイトに掲載されている現場写真には、明らかに現代のものではない車両が並んでいるのである。

この日の撮影に、クリス以外に出演者の誰が参加していたのかはわからない。しかしここから憶測として浮上したのは、キャプテン・アメリカが『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)の舞台となった1940年代に登場するという可能性だ。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』には1960年代1970年代の場面が存在するといわれているため、そのいずれかとも考えられるが、しかしこの車両は……。
また、もうひとつ気になるのは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』あるいは『アベンジャーズ』第4作に過去作品のシーンが登場するという説だろう。パパラッチが撮影した写真に『アベンジャーズ』(2012)のラストを思わせる場面が収められていたことから囁かれているものだが、それがいわゆる「回想シーン」なのか、タイムトラベルした先の場面なのかはわからない。仮にキャプテン・アメリカが1940年代に登場するとして、その意味を予想することはできないのだ。

 

こうした状況を鑑みて、今回の情報から確実に察せられるのは、ひとまず「キャプテン・アメリカが過去を舞台とした場面に登場するらしい」ということのみだろう。しかしファンならば、キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーになる以前のスティーブ&バッキーのシーンや、あるいはスティーブとペギー・カーターのシーンを見てみたいという気にもなるではないか。真相がわかるまでの間、少しだけ想像を広げてみるのも、映画の楽しい“待ち方”かもしれない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。『アベンジャーズ』第4作は2019年5月3日に全米公開予定だ。

Sources: http://buzz.blog.ajc.com/2017/11/22/where-marvels-avengers-is-filming-in-atlanta-today/
https://screenrant.com/avengers-4-flashback-captain-america-chris-evans/
©Marvel Studios 写真:ゼータ イメージ

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。