Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』1960年代のシーンが存在か ― 米エキストラ情報で判明

アベンジャーズ
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーには、どうやら1960年代を舞台とするシーンが存在するようだ。これは、エキストラやスタンドインを斡旋している米セントラル・キャスティング社が告知した情報から判明したものである。

このたびの情報では、1960年代の秘書や科学者を演じる白人女性が募集されている。それぞれの役柄が登場するシーンは別々のようで、秘書役は2017年10月10, 11日、科学者役は2017年10月12, 13, 16日に撮影が行われるようだ。

これらの募集記事に記されている“MARY LOU”とは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に与えられているワーキング・タイトルだ。素直に訳せば「作業用タイトル」というわけで、一般に広く告知しない情報(あるいは広く伝わることを本来意図していない情報)にはこの名前が使用される。

1960年代の科学者、秘書……という言葉を聞いて、マーベル・シネマティック・ユニバースの熱心な観客がすぐに連想するのはトニー・スタークの父親ハワード・スタークだろう。真相は本編を観てのお楽しみだが、もしかすると1960年代のハワードにまつわるシーンが劇中に登場するのかもしれない。ただし上記の情報によると、科学者が登場する場面は「とても小さなシーン」なのだという。
また2017年7月には、同じく現地のエキストラ情報より、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に1970年代の場面が存在するらしいことも明らかになっていた。闇の帝王サノスとの対決、その鍵を握るのは1960~70年代ということか?

なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2017年7月14日(現地時間)に本撮影をひとまず終了し、現在製作チームは『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の撮影に移っている。ただしジョー・ルッソ監督は7月22日時点で、『インフィニティ・ウォー』について「まだ撮影が終わっていないシーンもある」と話していた。おそらく1960年代のシーンはそのひとつなのだろう。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Source: http://screenrant.com/avengers-infinity-war-1960s-extras-flashback/
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly