『アベンジャーズ』第4作に「日本人ヤクザ」「日本人のカフェ常連客」登場か ― 新たなエキストラ募集情報より

2018年4月27日に米国に先がけての日本公開が決定した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編、『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)に日本人ヤクザが登場する可能性が浮上してきた。

映画情報サイト「オメガ・アンダーグラウンド」は、同作のエキストラとして“Japanese Gangstars(ジャパニーズ・ギャングスターズ)”役を演じる人物が募集されていることを報じている。おまけに日本人のカフェ常連客も……。

『アベンジャーズ』第4作、日本も舞台に?

「オメガ・アンダーグラウンド」によると、今回公開された『アベンジャーズ』第4作のエキストラ募集情報は以下の通り。

日本人ヤクザ(背景/エキストラ)
・男性 20~49歳
・痩せ型、夜間の撮影や雨の降るシーンへの参加、また顔面の特殊メイクあり

日本人のカフェ常連客(背景/エキストラ)
・男性、女性 18~80歳

同サイトによると、雨の降るシーンは2017年8月17, 18日に撮影が行われるという。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の熱心なファンであれば、日本人ヤクザが登場するといえばNetflixドラマ『デアデビル』を思い出すだろう。同作には日本人ヤクザや忍者が登場していただけに、『アベンジャーズ』第4作でNetflixドラマとのクロスオーバーがついに実現する可能性も否定できない。

Into the fire. #Daredevil

Matt Murdockさん(@daredevil)がシェアした投稿 –

しかし、気になるのはカフェ常連客の存在だ。幅広い年齢層のエキストラが集められそうなだけに、若者が想像するような「カフェ」というよりは「喫茶店」に近いものなのかもしれない。これらのエキストラが同じシーンに登場するかどうかは定かでないが、もし大勢の日本人が集まる喫茶店に日本人ヤクザが現れるシーンの場合、『デアデビル』のヘルズキッチンではなく日本が舞台となっている可能性もあるだろう。
ちなみに日本や日本人ヤクザが登場するマーベル映画といえば、MCU作品ではないものの『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013)が記憶に新しいが……。

『アベンジャーズ』第4作は7月17日から12月13日まで撮影が行われる予定。アトランタ以外での撮影予定は不明だが、もし日本で撮影が行われるとすれば、きっとエキストラは日本で募集されるはず。舞台がどこになるにせよ、撮影はアトランタほか日本国外で行われることになりそうだ。

映画『アベンジャーズ』第4作は2019年5月3日より全米公開予定。その前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に日本人は登場しないのだろうか?

 

Sources: http://screenrant.com/avengers-4-cast-extras-yakuza/
http://omegaunderground.com/2017/07/13/casting-call-suggests-avengers-4-scene-japanese-yakuza/
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。