Menu
(0)

Search

トム・クルーズ『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編、着実に進行中 ─ ダグ・リーマン監督、ホワイトボードにメモ書きびっしり

オール・ユー・ニード・イズ・キル
Warner Bros./Photofest 写真:ゼータイメージ

日本の人気SF小説『All You Need Is Kill』(集英社スーパーダッシュ文庫刊)をトム・クルーズとエミリー・ブラントでハリウッド実写化したオール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)の続編準備が着実に進んでいるようだ。監督を務めるダグ・リーマンがInstagramに脚本の打ち合わせ現場を捉えた写真を公開した。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

How many whiteboards is too many? #LiveDieRepeat2

Doug Liman(@dougliman)がシェアした投稿 –

前作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、トム演じる主人公の軍人ウィリアム・ケイジが、宇宙からの侵略者との戦いで“死亡するとその前日に戻る”という不可解なタイムループから抜け出せなくなる姿を描いた物語だ。ウィリアムは、エミリー演じる軍曹リタに鍛えられながら、「戦い、死に、目覚める」ことを何度も繰り返しながら立派な戦士として成長していく。

投稿された写真には、ホワイトボードびっしりに文字が書き込まれているものの、判別できるのはウィリアムとリタの名前のみ。ダグ・リーマンが投稿した文には「どれだけのホワイトボードがあれば足りるのだろうか」と添えられており、入念に脚本を練り上げている様子が伺える。部屋の中央に写っている二人の人物は、このたび続編でプロデュースを務めるアリソン・ウィンターと、脚本を手掛けるマット・ロビンソンである。

ダグ・リーマン監督は2019年10月のインタビュー時点で、再執筆を重ねた末に脚本を完成させたことを明かしている。ただし、主演トム・クルーズが、『ミッション:インポッシブル』シリーズの新作2部作の撮影を2020年に控えているため、次の段階にはまだ進めない状況とのこと。ひとまず製作準備は着実に進んでいるようなので、続報を待ちたい。

Source:dougliman

Writer

南 侑李
minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「まるで、映像を見ているかのように読者が想像できるような」文章をモットーに映画の記事を執筆しています。四六時中、「映画」のことばかり考えている映画人間です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly