Menu
(0)

Search

クリスチャン・ベール、『ソー:ラブ&サンダー』ゴアとバットマンの共通点を語る ─「葛藤を抱えている」

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

DC映画『ダークナイト』3部作でバットマンブルース・ウェインを演じたクリスチャン・ベールが、『ソー:ラブ&サンダー』のヴィラン、“神殺し”のゴア役でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でデビューを果たす。2012年公開の『ダークナイト ライジング』から10年ぶりにスーパーヒーロー映画にカムバックするベールが、バットマンとゴアの共通点を語っている。

言わずもがな、バットマンは悪に立ち向かうヴィジランテ、スーパーヒーローだ。ゴッサムシティに蔓延る犯罪を一掃するために街を守るヒーローと、全宇宙の神々の殲滅を目指す最強最悪の敵として描かれるゴアは双極的なキャラクターだが、ベールはどんなところに共通点を見い出しているのだろうか。米Screen Rantの取材に応じたベールが、こう説明している。

「ふたつのキャラクターについてですが、ゴアような怪物に対して抱く共感性に戸惑うこともあれば、間違いなく理解できるところもあります。それはバットマンにも言えることで、ほかの多くのような純然たるヒーローではありません。彼には楽な道を選択したいという衝動があり、自分の暗い感情に支配させてしまうんです。それがバットマン自身の内に存在する魅力的かつ大きな葛藤なんです。だから、ふたりは共に激しい葛藤を抱えているわけです。」

ベールが言う“バットマンは他の純然たるヒーローではない”とは、『ダークナイト』3部作で見せたバットマンのダークな側面を意味しているのだろう。バットマンは下手をしたら自身も犯罪者の一線を越えてしまいかねないような部分がある。対するゴアは、神々に復讐を誓う前は信心深く、規範に従って生きてきた真っ当な人物だ。ベールは、そんなスーパーヒーローとヴィランに存在する異なる2面性を、バットマンとゴアの共通点として見ているのではないだろうか。

ベールの言葉にもあったように、監督のタイカ・ワイティティも、「ゴアは、これまでで最も共感できるヴィランだと思います。それに彼はマーベル・ヴィランの中で、試写で最も受けが良かったんです」と語っている。間違いなくゴアは、これまでに描かれたMCUヴィランとは一線を画す存在となりそうだ。

2022年7月8日に公開される『ソー:ラブ&サンダー』では、バットマンとゴアの共通点も意識しながら観賞してみたい。

あわせて読みたい

Source:Screen Rant

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly