Menu
(0)

Search

クリスチャン・ベール、『ソー:ラブ&サンダー』出演まで「MCU」が何か知らなかった

クリスチャン・ベール
Photo by Harald Krichel https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Christian_Bale-7834.jpg Remixed by THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新映画『ソー:ラブ&サンダー』でヴィランの“神殺しゴア”役を演じ、ついにMCUデビューを果たすクリスチャン・ベール。ところが当の本人は、本作に出演するまでMCUが何たるかを把握していなかったようだ。

ベールといえば、クリストファー・ノーラン監督がメガホンをとったDC映画『ダークナイト』トリロジーでバットマン/ブルース・ウェインを演じた。だからと言って、アメコミ作品への造詣が深いというわけはないらしい。

Total Filmの取材に応じたベールが、バットマンを演じた後に別のコミック映画の役を引き受けることに抵抗はなかったのかと訊かれ、「それは絶対にありません。そんなことは全く頭にありませんでした」と回答。続けて、こんなことを話している。

「みんなが“うわぁ!MCU参戦だ!”と反応しているのを読んで、“何だって?別に参戦なんかしてないぞ。大きなお世話だ”という感じで。僕は、“MCUって何だ?誰かに聞かなきゃ”と思ってました。」

意外や意外、アメコミやマーベルについて詳しい人にはお馴染みの「MCU」という略称を知らなかったベイルだが、その知識の欠如はゴアの役作りには特に影響しなかった様子。「原作コミック以外で何からインスピレーションを得ましたか?」との質問にベールは、「(吸血鬼の)ノスフェラトゥのような軽薄な態度は間違いなくありますね」と回答。また、一番よく見ていたのはエレクトロ・ミュージック・アーティスト、エイフェックス・ツインのミュージックビデオ「Come To Daddy」だったとも明かしている。

なお、監督のタイカ・ワイティティは、「神殺しのゴアはマーベルで最も共感できるヴィラン」だと称しており、ソー役のクリス・ヘムズワースも、「クリスチャンは、みんなが求めたり望んだり、期待したものを与えてくれました。ニュアンスや複雑さ、奥深さや奇妙さなど、脚本には書かれていないものです」と絶賛している。「MCU」が何だか知らなかったベールだが、『ソー:ラブ&サンダー』への貢献度は計り知れないものがあったようだ。

ベールのMCU初参戦となる『ソー:ラブ&サンダー』は、2022年7月8日(金)より日本公開。

Source:Total Film

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly