Menu
(0)

Search

【ネタバレ】「ベター・コール・ソウル」ラスト2話であのキャラたちが再登場?ボブ・オデンカークが回答

ベター・コール・ソウル
Better Call Saul

ドラマブレイキング・バッド(2008-2013)のスピンオフベター・コール・ソウルファイナルシーズンに、ついに本家のメインキャラクターたちが姿を現した。

この記事には、「ベター・コール・ソウル」シーズン6第11話のネタバレが含まれています。

シーズン6第11話に登場したのは、「ブレイキング・バッド」の主人公ウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)&ジェシー・ピンクマン(アーロン・ポール)。「ブレイキング・バッド」のソウル初登場回であるシーズン2第8話を背景にカムバックし、ウォルターに出会った当時と、‟ジーン”として生きるその後のソウルを並行して描く回となった。

これで残り2エピソードとなった「ベター・コール・ソウル」だが、最終話までにウォルター&ジェシーは再び登場するのだろうか?ファンなら抱いたであろうその疑問に、主演のボブ・オデンカークが回答している。

トーク番組「The View」に出演したオデンカークは、第11話のクランストン&ポールの出演について「実は、あれは始まりに過ぎません。もっと出てきますよ」と発言。そのシーンは「パワフル」「次に何が起こるかかわからないという感じ」と表現し、「(彼らの)最後を見たと確信してはいけませんよ。言っておくけど、まだ見てないですからね」と付け加えた。

4月に「ベター・コール・ソウル」クリエイターのピーター・グールドが2人の出演を発表した後、クランストンは合計3つのシーン(クランストンとポール1人ずつと、2人一緒のシーン)に登場することを明かしていた。今回配信されたエピソードは2人のシーンのみだったため、最終回までにそれぞれ単独のシーンがあるものと考えられる。また「ブレイキング・バッド」の見方が変わるような展開が待っているのだろうか。次のエピソードに期待が高まる。

あわせて読みたい

Source: The View

Writer

Kyoko
KyokoKyoko Okajima

アメリカ留学、大手動画配信サービスの社員を経て、ライターに転身。海外ドラマが大好きで、永遠のNo.1は『ブレイキング・バッド』と『ベター・コール・ソウル』。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly