Menu
(0)

Search

『ブラック・ウィドウ』キャスト・吹替声優まとめ ─スカーレット・ヨハンソン&フローレンス・ピュー&レイチェル・ワイズら集結

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画が、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)以来、2年ぶりに帰ってきた。ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウを主人公とする初めての単独映画、『ブラック・ウィドウ』だ。

本作の舞台は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の直後、そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2017)までの空白期間。ブラック・ウィドウはアベンジャーズを離れ、自らの過去と家族に対峙し、自らが背負い続けてきた暗殺者としての一面と決別すべく壮絶な戦いに挑む。

本記事では、そんな知られざる家族たちや、ブラック・ウィドウに寄り添う友人・調達屋などを演じた俳優の経歴をまとめてみた。この機会に気になる俳優をチェックしてみよう!

スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ役)

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

1984年、アメリカ・ニューヨーク出身。8歳の時にオフ・ブロードウェイでキャリアをスタートし、『ノース ちいさな旅人』(1994)で映画初出演を果たした。初主演作『のら猫の日記』(1996)ではインディペンデント・スプリット賞主演女優賞に候補入りし、『ゴーストワールド』(2001)ではトロント映画評論家協会の助演女優賞を受賞し、徐々に頭角を現していく。

その後、ソフィア・コッポラによる『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)や、ヨハネス・フェルメールの同名絵画を題材にした『真珠の耳飾りの少女』(2003)などで国際的にもその名を轟かす。そのほか代表作には、『アベンジャーズ』シリーズのブラック・ウィドウ役をはじめ、『プレステージ』(2006)『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(2013)『LUCY/ルーシー』(2014)『マリッジ・ストーリー』(2019)『ジョジョ・ラビット』(2019)などがある。次回作としては、『SING/シング』続編や、セバスティアン・レリオによる『ブライド(原題:Bride)』が待機中だ。

吹替版声優 米倉涼子

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」をはじめ、「奥さまは魔女」「黒革の手帖」「交渉人〜THE NEGOTIATOR〜」「ナサケの女〜国税局査察官〜」「HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜」「モンスターペアレント」など、ドラマを中心に活躍する日本を代表する女優のひとりだ。2008年には『CHICAGO』の日本版で、ミュージカルに初出演。2012年には、『CHICAGO』にてブロードウェイデビューまで果たしている。

フローレンス・ピュー(エレーナ・ベロワ役)

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

1996年、イングランド・オックスフォード出身。映画『The Falling(原題)』(2014)でスクリーンデビュー。『レディ・マクベス』(2016)で批評家から絶大な支持を得て頭角を現す。その後、『ファイティング・ファミリー』(2019)や『ミッドサマー』(2019)『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(2019)などの話題作に次々と抜擢される。

そのなかでも『ミッドサマー』は日本でも記録的な動員数&高評価を獲得し、『ストーリー・オブ・マイライフ』ではアカデミー助演女優賞に候補入りし、その知名度を急激に高めることとなった。『ブラック・ウィドウ』ではブラック・ウィドウの妹分、エレーナ役を演じている。マーベルドラマ「ホークアイ」でも同役として登場する見込みだ。キャリアを着実に重ねている彼女は次回作として、オリヴィア・ワイルドによる『Don’t Worry Darling(原題)』などが待機中だ。

吹替版声優 田村睦心

フローレンス・ピューやポーシャ・ダブルデイをはじめ、『アリー/スター誕生』(2018)レディー・ガガ、『ステイ・フレンズ』(2011)エマ・ストーン、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)ゾーイ・クラヴィッツ、『IT/イット』シリーズのジェレミー・レイ・テイラーなど数々の吹替を担当。アニメ作品としては、「バトルスピリッツ 少年突破バシン」バシン/馬神トッパ、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ライド・マッス、「バトルスピリッツ 烈火魂」紫鬼神蘭丸、「宝石の国」モルガナイト、「映像研には手を出すな!」金森さやかなど。

レイチェル・ワイズ(メリーナ・ヴォストコフ役)

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

1970年、イギリス・ロンドン出身。『デスマシーン』(1994)で映画初出演を飾り、『チェーン・リアクション』(1996)でハリウッドに進出を果たした。『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』(1999)で国際的にも知名度を上げて以降は、『アバウト・ア・ボーイ』(2002)『コンスタンティン』(2005)などに出演。フェルナンド・メイレレスによる『ナイロビの蜂』(2005)では、アカデミー助演女優賞を受賞し、その地位を不動のものにした。

その後、ダーレン・アロノフスキー『ファウンテン 永遠につづく愛』(2006)、アレハンドロ・アメナーバル『アレクサンドリア』(2009)、ヨルゴス・ランティモス『ロブスター』(2015)『女王陛下のお気に入り』(2018)、パオロ・ソレンティーノ『グランドフィナーレ』(2015)など錚々たる監督の作品に出演。次回作としては、トッド・ソロンズ『Love Child(原題)』が待機中だ。なおレイチェル・ワイズは、ダニエル・クレイグの妻としても知られる。

吹替版声優 田中敦子

吹替ではレイチェル・ワイズやニコール・キッドマンをはじめ、ケイト・ベッキンセールや、グウィネス・パルトロー、ジェニファー・ロペス、モニカ・ベルッチなどを多く担当している。アニメ作品としては、「ルパン三世 ルパン暗殺指令」カレン・クオリスキー、「名探偵コナン」メアリー・世良、「サラリーマン金太郎」末永美鈴、「攻殻機動隊」草薙素子、「ジョジョの奇妙な冒険」エリザベス・ジョースター、「Fate/stay night」キャスターなど。

デヴィッド・ハーバーレッド・ガーディアン/アレクセイ役)

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

1975年、アメリカ・ニューヨーク出身。2005年の舞台「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」にて、トニー賞演劇助演男優賞に候補入りし知名度を上げる。その後、『ブロークバック・マウンテン』(2005)『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(2008)『007 慰めの報酬』(2008)をはじめ、『グリーン・ホーネット』(2011)『エンド・オブ・ウォッチ』(2012)『イコライザー』(2014)『ブラック・スキャンダル』(2015)『スーサイド・スクワッド』(2016)など数多くの話題作に次々と出演を重ねていく。

Netflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)では、ジム・ホッパー役を演じて国際的な知名度をさらに高めた。そのほか、『ヘルボーイ』(2019)や『タイラー・レイク -命の奪還-』(2020)にも出演。またスティーブン・ソダーバーグによる新作映画『No Sudden Move(原題)』にも名を連ねている。

吹替版声優 大塚明夫

スティーヴン・セガール、ニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントンを専属として、アントニオ・バンデラスやドルフ・ラングレン、サミュエル・L・ジャクソン、デヴィッド・ハーバー、デニス・クエイドなどの吹き替えを主に担当している。ゲームとしては『メタルギアソリッド』シリーズのスネーク役を担当しており、アニメ作品としては、「ONE PIECE」マーシャル・D・ティーチ/黒ひげ、「ブラック・ジャック」ブラック・ジャック、「BLEACH」京楽春水、「Fate/Zero」ライダー、「バキ」範馬勇次郎、「どろろ」寿海などを数多くの大役の声を当ててきた。

O・T・ファグベンル(リック・メイソン役)

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

1981年、イギリス・ロンドン出身。俳優だけでなく監督・脚本家と幅広く活躍するO・T・ファグベンルは、14際の頃から舞台で演技をするようになり、『マクベス』『ロミオとジュリエット』といったウィリアム・シェイクスピア作品で実力を高めていく。その後、ドラマや映画など活躍の場を徐々に広げていき、ドラマ「インターセプター」(2015)では主演を務めた。そのほかの出演作には、ドラマ「刑事トム・ソーン」(2010)「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(2017-)や、映画『こわれゆく世界の中で』(2006)などがある。

吹替版声優  関智一

吹替声優は、コービン・ブルーやチャ・テヒョンをはじめ、『猿の惑星:創世記』(2011)ジェームズ・フランコ、『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』(2003)イライジャ・ウッド、『つぐない』(2007)ジェームズ・マカヴォイ、『バブル・ボーイ』(2001)ジェイク・ギレンホールなど。アニメ作品としては、「機動戦士Vガンダム」トマーシュ・マサリク、「機動武闘伝Gガンダム」ドモン・カッシュ、「新世紀エヴァンゲリオン」トウジ、「ドラえもん」スネ夫、「ONE PIECE」ロブ・ルッチ、「のだめカンタービレ」千秋真一、「呪術廻戦」パンダなどを担当している。

ウィリアム・ハート(サディアス・“サンダーボルト”・ロス役)

1977年、アメリカ・ワシントンD.C.出身。『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』(1979)で映画初出演にして主演を飾る。『蜘蛛女のキス』(1985)では、アカデミー賞主演男優賞とカンヌ国際映画祭男優賞に輝く。2冠に輝き名実ともに実力派俳優として世間から認められることとなった。『愛は静けさの中に』(1986)『ブロードキャスト・ニュース』(1987)でもアカデミー賞主演男優賞に候補入り。

その後も、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(2005)『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』(2019)など話題作に相次いで出演。マーベル『インクレディブル・ハルク』(2008)にてはじめてサディアス・“サンダーボルト”・ロス役を演じ、MCU作品にて同役を演じ続けている。

吹替版声優 菅生隆之

1952年千葉県出身の俳優、声優、ナレーター。舞台俳優としてキャリアをはじめる。初舞台は蜷川幸雄演出の『ハムレット』。その後、ドラマに継続的に出演する一方で、アニメ・洋画吹替で声優としても活動を開始。ジャン・レノとトミー・リー・ジョーンズの吹替を多く担当している。そのほか、アル・パチーノやジャンカルロ・ジャンニーニ、アレック・ボールドウィン、エド・ハリスらの吹替も務める。アニメ作品の代表作は「宇宙戦艦ヤマト2199」や「NARUTO」初代火影・千手柱間役、「東京喰種トーキョーグール」など。

レイ・ウィンストン(ドレイコフ役)

1957年、イギリス・ロンドン出身。アマチュアボクサーとして活躍した後、演劇学校に通う俳優として道を進む。ドラマ「Scum(原題)」にて主演を務め、本格的に俳優としてのキャリアをスタートさせる。その後、ケン・ローチ『レディバード・レディバード』(1994)に出演し、ゲイリー・オールドマン『ニル・バイ・マウス』(1997)ではイギリスのアカデミー賞主演男優賞で候補入りを果たした。

以降も、『リプリーズ・ゲーム』(2002)や『キング・アーサー』(2004)をはじめ、マーティン・スコセッシによる『ディパーテッド』(2006)『ヒューゴの不思議な発明』(2011)など話題作に相次いで出演を重ねていく。そのほかの出演作は、『X-ミッション』(2015)『キング・オブ・シーヴズ』(2018)『キャッツ』(2019)『ブラック・ウィドウ』など。

吹替版声優 宝亀克寿

吹替としては、ロン・パールマン、ヴィング・レイムス、カルロ・ロタ、クリフトン・ジェームズ、ジョン・リス=デイヴィス、バート・レイノルズなど数多くの俳優陣を担当してきた。アニメの体表作は、「ONE PIECE」ゲッコー・モリア&ジンベエ、「バビロン」野丸龍一郎など。

???(タスクマスター役)

ブラック・ウィドウ
(c)Marvel Studios 2021

正体は不明。こちらは本編で確認してみよう。

『ブラック・ウィドウ』は2021年7月8日(木)映画館 & 7月9日(金)ディズニープラス プレミア アクセス公開。※プレミア アクセスは追加支払いが必要です。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly