Menu
(0)

Search

マーベル声優が集結『ブラック・ウィドウ』TVCM ─ 中村悠一、宮内敦士、三宅健太、平川大輔がナターシャに捧ぐ

ディズニープラスで配信中 (c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)新作映画ブラック・ウィドウのため、これまでのマーベル作品でナターシャと共に(または相手に)戦ったヒーロー、ヴィランの声優が集結した。『ブラック・ウィドウ』最新TVCMが到着だ。

これは2021年7月1日よりオンエアされるもので、このたびWebで先行公開。中村悠一、宮内敦士、三宅健太、平川大輔の“マーベル”声優が集結したナレーションのもと、ブラック・ウィドウへのメッセージを彷彿させる内容だ。

キャラクター篇・ストーリー篇のナレーションを担当するのはキャプテン・アメリカの日本語吹替版を担当した中村悠一。永い眠りから覚め正義に生きる伝説のソルジャーで“アベンジャーズ”の中でもリーダー的な存在、そして数々の戦いの中でブラック・ウィドウと行動を共にすることも多く、彼女の良き理解者でもある彼の声で語られるナレーションは、「なぜ孤独な暗殺者はアベンジャーズになったのか」。

レガシー篇を担当するのはハルク役の宮内敦士。怒りでモンスターに変身する苦悩の天才科学者で制御不能だが、暴走した彼と唯一心を通わせる事ができたのがブラック・ウィドウだった。“アベンジャーズ”の中でも随一の強さを誇るハルクを担当する宮内がナレーションで語る言葉は、「アベンジャーズの知られざる物語を、いまこそ」。

カムバック篇を担当するのは、神の国アスガルドの王の息子で雷のパワーを操る破天荒なソー役の三宅健太。「『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感動から2年 いま止まった時間が動き出す。すべての映画ファンへ、マーベル映画のスリルと興奮を」とナレーションしている。

スパイ・アクション篇を担当するのはロキ役の平川大輔。ソーの弟で家族や仲間に対して様々な嘘と裏切りを敢行、ニューヨークの街を襲撃し“アベンジャーズ結成”のキッカケを作ったり、ブラック・ウィドウを煽るつもりが口を滑らせ大事な計画を悟られたり……愛すべき裏切り王子らしい彼のナレーションは「何も信じるな、“家族”も“過去”も“自分”さえも。すべて作られた偽物なのか──究極のスパイ・アクション超大作!」

『ブラック・ウィドウ』は2021年7月8日(木)映画館&7月9日(金)ディズニープラス プレミア アクセス公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly