Menu
(0)

Search

MCU版『ブレイド』に新キャスト、DCドラマ「クリプトン」俳優が参加へ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画『ブレイド(原題:Blade)』に、DCドラマ「クリプトン」(2018‐2019)でデヴ=エム役を演じたアーロン・ピエールが新キャストとして参加することが明らかとなった。米The Hollywood Reporterが報じている。

この投稿をInstagramで見る

Aaron Pierre(@aaron_pierre1)がシェアした投稿

本作は、人間と吸血鬼のハーフである、黒人ヴァンパイア・ハンターの活躍を描いた『ブレイド』3部作のリブート版として製作されているMCUの新作映画。オリジナル版でウェズリー・スナイプスが演じたブレイド役には、『ムーンライト』(2016)と『グリーンブック』(2018)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリが決定済みだ。

このたび、DCからMCUへの参加となったアーロン・ピエールが演じるキャラクターの詳細は伏せられている。2016年に俳優活動を開始した新鋭ピエールは出演作こそ多くないものの、ピュリッツァー賞を受賞したコルソン・ホワイトヘッドの小説「地下鉄道」をドラマ化したAmazon Prime Videoのリミテッドシリーズ「地下鉄道 ~自由への旅路~」(2021)、M・ナイト・シャマランがメガホンを取ったホラー映画『オールド』(2021)など注目作で活躍している。また、実写版映画『ライオン・キング』のタイトル未定となる続編でムファサの声を務めることも決定しており、すでにディズニー・ファミリーの一員となっている。

その他には、『マルコムX』(1992)や『クルックリン』(1994)『ザ・ファイブ・ブラッズ』(2020)など、スパイク・リー作品の常連俳優として知られるデルロイ・リンドーもキャスティング済み。監督を務めるのは、『シュガーランドの亡霊たち』(2019)や『Mogul Mowgli(原題)』(2020)などで注目を浴びるパキスタン出身の気鋭バッサム・ターリク。脚本には、「ウォッチメン」(2019)のステイシー・オセイ・クフォーが就任している。

MCU版『ブレイド(原題:Blade)』は、 2022年夏に撮開始予定。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly