リドリー・スコット、『ブレードランナー』第3作の構想あり!『2049』の重要アイデアも自身の発案だった

次は35年も待たなくていいかもしれない……?
映画『ブレードランナー』(1982)の監督を務めた巨匠リドリー・スコットが、2017年の話題作『ブレードランナー 2049』を経てのシリーズ第3作を構想していることがわかった。

最新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題:All the Money in the World)』(初夏日本公開)のプロモーションで英Digital Spyに登場したリドリーは、『ブレードランナー』シリーズの今後についてこう語っている。

「(続編が作れると)いいんですけどね。ストーリーがもうひとつあるんですよ。考えて、発展させる準備はできています。つまり、確実に作れる作品があるわけですね。」

シリーズ第3作に前向きなリドリーは、『ブレードランナー 2049』の公開以前から、自身の手がけてきたシリーズを拡大したいという意向を示してきた。当時は『ブレードランナー』第3作の構想を明言していなかったが、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督にバトンを託した『2049』を受けて“生みの親”としての思いがたぎってきたのだろうか。

『ブレードランナー 2049』重要アイデアはリドリーの発案

注意

以下の内容には、映画『ブレードランナー 2049』序盤のネタバレが含まれています。

ブレードランナー 2049

(C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

もっとも米Vulture誌のインタビューによれば、『2049』に登場する重要なアイデアも、脚本家チームではなくリドリーの発案だったという。リドリーは脚本家チームと長時間にわたって話し合ったそうで、彼によるアイデアも物語のキーポイントに複数埋め込まれたというのだ。

「(『2049』では)レプリカントに子どもが生まれます。しかし、母親は登場できない。そこで母親は母乳を与えた4ヶ月後に、不可解な死を遂げねばならなかったんです。その骨は、木の下に埋まっていた箱の中から見つかる。全部が僕のアイデアですよ。それからデジタルの恋人も。オリジナル版ですごくセクシーだった、プリスを進化させたかったんです。」

おそらくリドリーの脳内には、現在もこうした『ブレードランナー』らしいアイデアがたくさん詰まっているに違いない。第1作では2019年、その続編では30年後の2049年を舞台としたシリーズに第3作が製作されるとすれば、リドリーはいつのアメリカを描く心づもりなのだろうか?

 

もっとも『ブレードランナー 2049』は世界的に映画ファンや批評家からは絶賛を集めたものの、興行成績としては決して成功と呼べる部類の結果とならなかった。リドリーは作りたい、世界中のファンが「やるなら観たい」シリーズ第3作だが、果たしてワーナー・ブラザースが製作にゴーサインを出してくれるかどうか……。

映画『ブレードランナー 2049』のブルーレイ&DVDは2018年3月2日発売

Sources: http://www.digitalspy.com/movies/blade-runner/news/a846834/ridley-scott-has-plans-another-blade-runner-sequel/
http://www.vulture.com/2017/12/ridley-scott-all-the-money-in-the-world-reshoots.html
(C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。