Menu
(0)

Search

『007』シリーズ最新作『BOND 25』撮影現場で爆発 ─ スタジオ外観に被害、スタッフ1名が軽傷

BOND 25(仮題)
RUSH PHOTOGRAPHY JA

『007』シリーズの最新作『BOND 25(仮題)』の撮影現場にて、2019年6月4日(現地時間)に爆発が発生し、スタッフ1名が軽傷を負ったことがわかった。『007』公式アカウントが発表した。

爆発が起こったのは、『BOND 25』の撮影が行われているイギリス・パインウッドスタジオの撮影セット。同作は所内のスタジオのひとつ「007 ステージ」で撮影が行われており、内部にて爆発が起こったという。爆発は「制御されたもの」だったと発表されている。

The Sunの取材によれば、この爆発によってスタジオの天井がはがれる、外壁のパネルが吹き飛ぶといった被害が生じたことが判明済み。これによってスタジオ外にいたスタッフ1名が軽傷を負ったが、スタジオ内のキャスト・スタッフなどに負傷者はいなかった。また同誌では、爆発音が3度聞こえた、スタントになんらかの失敗が発生したと伝えられている。なお米Deadlineによると、爆発によって撮影に延期が生じることはないということだ。

『BOND 25』の撮影では、2019年5月中旬にはジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが撮影中に足首を負傷するという事故が起こったばかり。撮影は一時休止を経て再開されているが、ダニエルは治療を継続し、約2週間のリハビリ期間を要したとされている。

映画『BOND 25(仮題)』は2020年日本公開予定

あわせて読みたい

Sources: BOND 25, IndieWire, Deadline, The Sun

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly