マーベル『ブラックパンサー』MCU史上第3位のヒット作に!まもなく『アベンジャーズ』との一騎打ちへ

米国で歴史的大ヒットを飛ばし続けている、映画『ブラックパンサー』が、マーベル・シネマティック・ユニバース史上第3位のヒット作となったことがわかった。米Variety誌が報じている。

2018年2月26日(米国時間)の時点で、『ブラックパンサー』の米国興行収入は4億1,170万ドルを記録(公開11日目)。海外興収は3億1,620万ドルで、累計興収は7億2,790万ドルだ。
この段階で、本作の米国興収金額は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の4億808万ドル、『アイアンマン3』(2013)の4億901万ドルを抜いて、マーベル・シネマティック・ユニバースとしては史上第3位となる。なお歴代米国興収ランキングでは現在第22位にあたり、第21位の『ワンダーウーマン』(2017)を27日(現地時間)にも抜くことになりそうだ。

なお、マーベル・シネマティック・ユニバース史上第2位の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)は4億5,900万ドルのため、『ブラックパンサー』は来たる週末にもこの記録を超えて史上第2位となる見込み。第1位の『アベンジャーズ』(2012)は6億2,335万ドルと“ケタ違い”の記録だが、まもなく一騎打ちに突入することになりそうだ。

まもなく米国において、『ブラックパンサー』は劇場公開日から3度目の週末を迎える。Variety誌は3度目の週末の記録として、『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)の9,024万ドルに次ぐ史上第2位、あるいは『アバター』(2009)の6,849万ドルに次いで史上第3位の興収を記録すると予測しているが、さて、どうなるか……。いずれにせよ『エイジ・オブ・ウルトロン』超えはほとんど間違いない状況といって差し支えないだろう。

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国ロードショー。衝撃の大ヒットを経ての日本上陸、果たしてどんな記録になるのか、こちらにもぜひ注目しておきたいところだ。

Sources: http://variety.com/2018/film/news/black-panther-third-highest-marvel-cinematic-universe-release-1202711773/
http://www.boxofficemojo.com/

©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。