マーベル『ブラックパンサー』ポストクレジットシーン、なぜ●●が存在しないのか ― 『シビル・ウォー』経ての製作意図が判明

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画『ブラックパンサー』のポストクレジットシーンに新たな事実が判明した。プロデューサーのネイト・ムーア氏によれば、映画のラストを飾る「あのシーン」には、完成版とはやや異なるプランも検討されていたというのだ。

注意

この記事には、映画『ブラックパンサー』のネタバレが含まれています。

ブラックパンサー

©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ


―――

――

なぜバッキー・バーンズには「左腕」がなかったのか

これまでTHE RIVERでは、『ブラックパンサー』のエンディング~ミッドクレジットシーンに別案が検討されていたこと、およびポストクレジットシーンにバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)が登場することについて、それぞれライアン・クーグラー監督による解説をご紹介してきた。したがって本記事では、この映画にバッキーが登場することに決まった経緯や、それでいて本編のストーリーには一切関わらないことについては割愛させていただきたい。
ともあれ重要なのは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)のラストで、洗脳が解けるまで冷凍睡眠に入ったバッキーが目覚めたことである。

Empire誌にて、プロデューサーのネイト・ムーア氏は「バッキーが治ったのかどうか、ヒントを出したかったんです。そして、そのことが今後何を意味するのか。[中略]だって、彼には『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で役割がありますから」と述べている。やはりシーンの時系列は『インフィニティ・ウォー』以前とみて間違いないだろう。

 

ただし、このシーンにおいて、バッキーの左腕は『シビル・ウォー』で失われた当時のままだ。すなわちネイト氏のいう「治ったのかどうか」というポイントは、「バッキーが洗脳から回復したかどうか」という部分だけを指しているわけである。しかしネイト氏によれば、この失われたままの左腕にもきちんと意図があるという。

「(新しい腕を登場させるべきか)議論しました。左腕のあるバージョン、ないバージョン、どちらも考えられましたね。ただし実際のところ、彼は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)の時とは違って、人間に戻ったような気分を感じている。ただのバッキーでいられるんです。だから大切なことは、キャラクターがこう感じることでした。“バーンズ軍曹じゃない、僕はバッキーだ。もう兵士じゃなくて一人の人間なんだ”って。」

ここから察せられるのは、『インフィニティ・ウォー』のバッキーが、『ウィンター・ソルジャー』や『シビル・ウォー』に登場したのとは異なる、むしろ『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)に近いキャラクターとして姿を見せる可能性だ。『ブラックパンサー』のポストクレジットシーンでは、ひとまずその“予感”を示すことが重要視されたのだろう。
『インフィニティ・ウォー』の予告編では、バッキーが新たな左腕で戦闘に臨んでいる様子を確認できるわけだが……彼がいかにして戦いに戻るのか、そしてスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカとどんな再会を果たすのか、その経緯は本編を楽しみにしたい。

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国の映画館にて公開中。
バッキーも大活躍するであろう『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

Source: https://www.empireonline.com/movies/features/11-black-panther-secrets-ryan-coogler-nate-moore/
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。