Menu
(0)

Search

マーベル『ブラックパンサー』ポストクレジットシーン、なぜ●●が存在しないのか ― 『シビル・ウォー』経ての製作意図が判明

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画ブラックパンサーのポストクレジットシーンに新たな事実が判明した。プロデューサーのネイト・ムーア氏によれば、映画のラストを飾る「あのシーン」には、完成版とはやや異なるプランも検討されていたというのだ。

注意

この記事には、映画『ブラックパンサー』のネタバレが含まれています。

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

―――

――

なぜバッキー・バーンズには「左腕」がなかったのか

これまでTHE RIVERでは、『ブラックパンサー』のエンディング~ミッドクレジットシーンに別案が検討されていたこと、およびポストクレジットシーンにバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)が登場することについて、それぞれライアン・クーグラー監督による解説をご紹介してきた。したがって本記事では、この映画にバッキーが登場することに決まった経緯や、それでいて本編のストーリーには一切関わらないことについては割愛させていただきたい。
ともあれ重要なのは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)のラストで、洗脳が解けるまで冷凍睡眠に入ったバッキーが目覚めたことである。

Empire誌にて、プロデューサーのネイト・ムーア氏は「バッキーが治ったのかどうか、ヒントを出したかったんです。そして、そのことが今後何を意味するのか。[中略]だって、彼には『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で役割がありますから」と述べている。やはりシーンの時系列は『インフィニティ・ウォー』以前とみて間違いないだろう。

ただし、このシーンにおいて、バッキーの左腕は『シビル・ウォー』で失われた当時のままだ。すなわちネイト氏のいう「治ったのかどうか」というポイントは、「バッキーが洗脳から回復したかどうか」という部分だけを指しているわけである。しかしネイト氏によれば、この失われたままの左腕にもきちんと意図があるという。

「(新しい腕を登場させるべきか)議論しました。左腕のあるバージョン、ないバージョン、どちらも考えられましたね。ただし実際のところ、彼は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)の時とは違って、人間に戻ったような気分を感じている。ただのバッキーでいられるんです。だから大切なことは、キャラクターがこう感じることでした。“バーンズ軍曹じゃない、僕はバッキーだ。もう兵士じゃなくて一人の人間なんだ”って。」

ここから察せられるのは、『インフィニティ・ウォー』のバッキーが、『ウィンター・ソルジャー』や『シビル・ウォー』に登場したのとは異なる、むしろ『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)に近いキャラクターとして姿を見せる可能性だ。『ブラックパンサー』のポストクレジットシーンでは、ひとまずその“予感”を示すことが重要視されたのだろう。
『インフィニティ・ウォー』の予告編では、バッキーが新たな左腕で戦闘に臨んでいる様子を確認できるわけだが……彼がいかにして戦いに戻るのか、そしてスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカとどんな再会を果たすのか、その経緯は本編を楽しみにしたい。

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国の映画館にて公開中。
バッキーも大活躍するであろう『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

Source: https://www.empireonline.com/movies/features/11-black-panther-secrets-ryan-coogler-nate-moore/
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly