Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』製作デザイナー、「彼が私たちと一緒でない日は1日もなかった」チャドウィック・ボーズマンに捧げる想い

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー
©Marvel Studios 2022

予告編や新情報が公開されたばかりのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』でプロダクションデザインを手がけたハンナ・ビークラーが、故チャドウィック・ボーズマンに追悼と深い敬意を捧げている。

本シリーズ2作に携わったビークラーは、チャドウィック亡き後に製作された『ワカンダ・フォーエバー』に関しては、“キング”へのリスペクトを胸に抱きながら仕事に打ち込んだようだ。ビークラーは自身のTwitterに、「チームはチャドのために突き進み、懸命に働きました」とし、「毎日彼を称え、映画の全編── 自分たちが作った世界のあちこちに彼への想いを込めました」と投稿している。

また、「この750日近くの間、彼が私たちと一緒でない日は一日もありませんでした。その瞬間をキャストとスタッフは捉えなければならず、彼に別れを告げて、自分たちの仕事を通して彼に敬意を表す必要があったのです。『プラックパンサー』は、これからも新しいスタッフと俳優を迎えて、多くのフランチャイズのように続いていくでしょう」と続けている。

さらにビークラーは、チャドウィックに対する尽きることのない深い尊敬の念も綴っている。「今日はこの映画、そしてブラックチャンピオンとプラックヒーローを称え、チャドウィックと彼の才能、優しさと芸術性に敬意を表したい。毎日、私は自分のデザインを通して、ワカンダ語で彼に想いを伝えました。その誇りと愛をあなたと観客に届けられるように」。

ビークラーは第1作を製作中に自分の父親を亡くし、悲しみに暮れていた時にチャドウィックやライアン・クーグラー監督、キャストたちが毎日支えてくれたことも綴っている。第1作は自分の父親、そして続編はチャドウィックに捧げたそうだ。

2020年8月28日にチャドウィックが逝去してから、もうすぐ2年が経つ。誇り高きキングの存在は、亡くなってからも今もなお、キャストやスタッフ、ファンに大きな影響を与えているに違いない。2022年11月11日より全国公開される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』を観賞する時は、チャドウィックを追悼しながら堪能したい。

Source:Twitter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly