Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』続編、原題が『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』に決定

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品『ブラックパンサー』(2018)の続編映画の原題が、『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(Black Panther: Wakanda Forever)』に決定した。マーベル・スタジオが発表した。

世界的大ヒットを受け、『ブラックパンサー』の続編企画は公開直後から進められてきた。しかし2020年8月、ブラックパンサー/ティ・チャラ役のチャドウィック・ボーズマンが大腸がんのため43歳で逝去。続編ではティ・チャラの新たな物語が描かれる予定だったが、マーベル側はチャドウィックの逝去を受け、キャストの交代やチャドウィックのデジタル復活を行わない方針を公式に発表していた。

脚本・監督のライアン・クーグラーは、すでに執筆していた脚本の内容を変更。ワカンダを舞台に、前作のキャラクターがさらに掘り下げられる内容になると報じられている。出演者には、前作からナキア役のルピタ・ニョンゴ、オコエ役のダナイ・グリラ、シュリ役のレティーシャ・ライト、エヴェレット・ロス役のマーティン・フリーマン、ラモンダ役のアンジェラ・バセット、エムバク役のウィンストン・デュークらが続投し、新キャストとして「ナルコス:メキシコ編」(2018-)のテノッリ・ウエルタが悪役のひとりとして参加する。

映画『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(原題:Black Panther: Wakanda Forever)』は2022年7月8日に米国公開予定。撮影は2021年7月に開始予定だ。

Source: Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly