Menu
(0)

Search

ブリー・ラーソン、キャプテン・マーベル役のオファーを2度も断っていた「私には荷が重すぎる」

キャプテン・マーベル
© 2019 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でキャプテン・マーベル役を演じるブリー・ラーソンが、過去に同役の依頼を2度も断っていたのだという。誰もが夢見る大役を断った理由は、果たして何だったのだろうか……?

ブリーは自身の公式YouTubeチャンネルにて、過去のオーディション経験について赤裸々に語る、「AUDITION STORYTIME!(Pt. 2)」と題した動画を投稿。『キャプテン・マーベル』(2019)の主演依頼を最初に受けたのは、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)の撮影中だっだことを動画内で告白した。

「会社から、“マーベルがキャプテン・マーベル役をあなたに依頼している”と聞かされたことを覚えています。“私には出来ない。すごく不安。荷が重過ぎて、私には背負い切れない”と考えてしまい、断るように伝えました。

それから数ヶ月後に再度依頼を受けたものの、その際にも「いや、私は内向的過ぎるので」と考えは変わらず、断ったことを明かした。とはいえ、周知の事実としてブリーはキャプテン・マーベル役を引き受けている。その理由は、三度目の正直として設けられた話し合いの場での製作陣の熱心さにあったようだ。「彼らの成し遂げようとしている事、話している事に心を動かされて、同時に革新的な作品にも思えたので」

なお、ブリー・ラーソンは以前、『スター・ウォーズ』『ターミネーター』のオーディションへの参加経験を明かしていたが、今回は『アバター』(2009)『トランスフォーマー/リベンジ』(2009)の大作映画、『アイアンマン2』(2010)『マイティ・ソー』(2011)のMCU作品に参加したことも告白した。とはいえ、いずれも残念ながら合格には至らなかったようだ……。

あわせて読みたい

Source: AUDITION STORYTIME!(Pt. 2) , Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly