Menu
(0)

Search

『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』特報映像が到着、ジャパンプレミア開催へ ─ 伝説のスター、チャールズ・ブロンソン激似俳優に業界騒然

野獣処刑人 ザ・ブロンソン
©2018 Action Film Partners LLC. All Rights Reserved.

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト』(1968)のほか、『狼よさらば』(1974)など「デス・ウィッシュ」シリーズで知られる伝説のアクションスター、チャールズ・ブロンソンに激似すぎるとして映画界騒然の新スター、ロバート・ブロンジー主演のバイオレンス・アクション『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』より特報映像が到着した。


人身売買組織、麻薬密売人、武装ギャング。どこからともなく現われ、非情の銃弾によって、街のダニどもを片っ端から容赦なく射殺する謎の男K。彼が去った後には、悪人たちの死体の山が築かれる。地元ラジオのDJは、多発する凶悪犯罪に対応できない警察に怒りの声を上げ、極刑の必要性を訴える。そしてKは、幼い少女を二度と歩けない体にした冷酷な麻薬組織のボスを追い詰めていく……。

野獣処刑人 ザ・ブロンソン
©2018 Action Film Partners LLC. All Rights Reserved.

伝説のスター、チャールズ・ブロンソンは、2003年に81歳でこの世を去った後も根強い人気を誇っている。没後15年を迎えた2018年、本作で世間に知られたロバート・ブロンジーに、映画業界やファンたちは「ブロンソンが蘇った!」と驚愕。今回の特報映像では、ブロンソンに驚くほど生き写しのアクションを披露する姿が日本初公開となっている。まさに息もつかせぬ銃撃戦の連続で魅せる“スーパー・エンタテインメント”、ひたすら寡黙に悪人たちを倒していく孤高のヒーローによる大活躍は、「デス・ウィッシュ」シリーズの主人公ポール・カージーが帰ってきたかのようだ。

野獣処刑人 ザ・ブロンソン
©2018 Action Film Partners LLC. All Rights Reserved.

なお本作のキャンペーンのため、ロバート・ブロンジーの初来日が決定。2019年11月5日(火)18:30~(予定)、新宿武蔵野館にて、舞台挨拶つきジャパン・プレミア特別先行上映が開催される。

映画『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』は2019年12月20日(金)新宿武蔵野館ほかにてロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Tags

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly