Menu
(0)

Search

ブルース・ウィリス、新作アクション映画で泥棒ギャングを成敗

ブルース・ウィリス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/22007612@N05/41849459910

『ダイ・ハード』シリーズなどで知られるブルース・ウィリスが、新作アクション・スリラー映画『American Siege(原題)』で主演を務めることがわかった。米Deadlineが報じている。

ウィリスが本作で演じるのは、ニューヨーク市警察の刑事からオレゴン州にある小さな町の保安官に転身した男。裕福な医者を人質にした泥棒ギャングとのバトルが繰り広げられるという。ほか共演者に『スピード・キルズ』(2018)ロブ・ゴフと『マイル22』(2018)トレバー・グレツキーの出演も決定した。

脚本は、ウィリスと3本のアクション映画『Breach(原題)』『Cosmic Sin(原題)』『Apex(原題)』で連続タッグを組むエドワード・ドレイクとコーリー・ラージ。同3作はいずれも2019年10月以降に発表された企画である為、この2年間でドレイク&ラージとウィリスは計4本の映画を共にすることになる。ドレイクは本作で監督を兼任する。

撮影は、現在米ジョージア州で実施されているとのこと。2021年にはカナダはブリティッシュコロンビア州ビクトリアでの撮影を控えているという。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly