セバスチャン・スタン『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でバッキー役を「再発見」 ― キャプテン・アメリカとの関係は

映画『キャプテン・アメリカ』シリーズでバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー役を演じてきたセバスチャン・スタンが、最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』における自身の変化を語った。

注意

この記事には、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のネタバレが含まれています。

バッキー・バーンズ、新展開の予感

2018年2月に開催されたWizard World St. Louisに登場したセバスチャンは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)以来の出演となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』での演技についてこのように振り返っている。

「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を含め、この数作品ではバッキーの再発見を楽しんでいます。だって彼は自分の道を進みはじめた途端、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)で急に変化したんですから。まるで違う状況だったんですよ。
だから、今は少しだけ過去に戻ってみて、初期の映画で見つけたものとは別の何かを探して、それをちょっと加えてみて、そうやって今現在の居場所を見つけているんです。楽しいですよ。」

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のラストで、バッキーは自身の洗脳が解けるまで、ワカンダ王国にて冷凍睡眠に入っている。ついに眠りから覚めて活躍することになる本作で、きっとスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)との関係は『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)を彷彿とさせるものに変化するのではないだろうか。

 

また注目したいのは、『ウィンター・ソルジャー』『シビル・ウォー』でバッキーを描いてきたアンソニー&ジョー・ルッソ監督が、彼の物語をどんな方向に進めるのかということである。ソー役のクリス・ヘムズワースは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)での変化を皮切りに、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でもキャラクターが「また進化する」と語っていた。マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成となる本作では、冒険と戦いの総決算のみならず、ヒーローたちの新たな変化にも期待したいところだ。

ちなみに2019年公開の『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)でクリスが出演契約を満了したのに対して、セバスチャンはその後も4作品に出演する契約とみられる。洗脳と冷凍睡眠から目覚めたバッキー・バーンズの旅は、まだまだこれからなのかもしれない……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source: http://comicbook.com/marvel/2018/02/10/avengers-infinity-war-sebastian-stan-buck-barnes/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。