Menu
(0)

Search

『マリアビートル』ハリウッド版、2022年4月に米公開決定 ─ 伊坂幸太郎原作、ブラッド・ピット&サンドラ・ブロック&真田広之ら豪華共演

『アド・アストラ』ブラッド・ピット来日 ジャパンプレミア
© THE RIVER

伊坂幸太郎の小説、『マリアビートル』をハリウッドで実写映画化する『Bullet Train(原題)の米国公開日が、2022年4月8日に決定した。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

『Bullet Train』の公開日には、『ソニック・ザ・ムービー』(2020)続編映画『Sonic the Hedgehog 2(原題)』および、『ウィッチ』(2015)『ライトハウス』のロバート・エガース監督最新作『The Northman(原題)』が待機している。気鋭の作家の新作映画から人気の実写映画まで、注目作揃いだ。

原作となる『マリアビートル』は、東京発・盛岡行の東北新幹線を舞台に、乗り合わせた殺し屋たちの任務や思惑が交錯するスリラー。映画版の物語の詳細については依然として不明のままだが、メガホンをとる『デッドプール2』(2018)などのデヴィッド・リーチは以前、「東京発・京都行の、日本の新幹線の車内が舞台」になると伝えていた。原作通り日本が舞台となることに変わりはなさそうだが、東京発・京都行ということで、東北新幹線から東海道新幹線に変更された模様だ。

出演者には主演のブラッド・ピットサンドラ・ブロックをはじめ、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(2016)のジョーイ・キング、『TENET テネット』(2020)アーロン・テイラー=ジョンソン、『デッドプール2』(2018)『ジョーカー』(2019)ザジー・ビーツ、「HEROES/ヒーローズ」(2006-2010)マシ・オカ、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)マイケル・シャノン、『パーシー・ジャクソン』シリーズのローガン・ラーマン、日本からは真田広之、そして日系のアンドリュー・コージらが名を連ねている。豪華キャストで、伊坂幸太郎の小説が映像化を果たす。

プロデューサーは、『イコライザー』シリーズや『マグニフィセント・セブン』(2016)などのアントワーン・フークア、『アトミック・ブロンド』(2017)などのケリー・マーコミックらが参加している。なお、セカンドユニット・ディレクターのグレッグ・レメンターが以前、「ブラッドはスタントや格闘の95%を自分でやっている」と伝えていた。ブラッド・ピットによるスペクタクルなアクションも見どころになりそうだ。

映画『Bullet Train(原題)』は、2022年4月8日公開予定。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly