Menu
(0)

Search

『ソニック・ザ・ムービー』続編、ナックルズ&テイルス参戦 ─ ジム・キャリーもドクター・ロボトニック役として再登場

ソニック・ザ・ムービー
© 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ゲーム『ソニック』のハリウッドによる実写映画版、『ソニック・ザ・ムービー』(2020)続編映画『Sonic the Hedgehog 2(原題)』にて、どうやらゲームでおなじみのナックルズとテイルスが登場するようだ。

前作『ソニック・ザ・ムービー』は、2020年2月14日に米国で公開されるや、『名探偵ピカチュウ』(2019)を越えるゲーム原作史上最高のオープニング興行収入を記録した。このたび明らかになった続編の物語は以下の通りだ。U.S. Copyright Officeにて判明したものとなる。

「ソニックはグリーンヒルズでの生活にも慣れて、もっと自由になりたいと考えている。そんな中、トムとマディはバケーションに出かけることになり、ソニックは家に置いていかれるのだった。しかし、トムとマディが家から離れるやいなや、ドクター・ロボトニックがパートナーのナックルズを連れて、エメラルドという文明の創造と破壊の力を持つ宝石を探しに地球に戻ってきた。ソニックはパートナーのテイルスと協力して、悪の手に渡る前に、エメラルドを探す旅に出ることになる。」

続編ではソニックだけでなく、ナックルズとテイルスも地球で大暴れしそうだ。なお、このたびベン・シュワルツ(ソニックの声)、ジム・キャリー(ドクター・ロボトニック役)、ジェームズ・マースデン(トム役)が続投することも明らかになった。

そのほか、前作で監督を務めたジェフ・ファウラーをはじめ、パット・ケイシー&ジョシュ・ミラーが脚本家として続投し、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツ、『デッドプール』(2016)『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)のティム・ミラーらがプロデューサーとして復帰することも判明している。撮影もすでに終了しており、2022年4月8日に米国公開予定だ。

あわせて読みたい

Source:U.S. Copyright Office

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly