Menu
(0)

Search

『ソニック・ザ・ムービー』続編、ナックルズ&テイルス参戦 ─ ジム・キャリーもドクター・ロボトニック役として再登場

ソニック・ザ・ムービー
© 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ゲーム『ソニック』のハリウッドによる実写映画版、『ソニック・ザ・ムービー』(2020)続編映画『Sonic the Hedgehog 2(原題)』にて、どうやらゲームでおなじみのナックルズとテイルスが登場するようだ。

前作『ソニック・ザ・ムービー』は、2020年2月14日に米国で公開されるや、『名探偵ピカチュウ』(2019)を越えるゲーム原作史上最高のオープニング興行収入を記録した。このたび明らかになった続編の物語は以下の通りだ。U.S. Copyright Officeにて判明したものとなる。

「ソニックはグリーンヒルズでの生活にも慣れて、もっと自由になりたいと考えている。そんな中、トムとマディはバケーションに出かけることになり、ソニックは家に置いていかれるのだった。しかし、トムとマディが家から離れるやいなや、ドクター・ロボトニックがパートナーのナックルズを連れて、エメラルドという文明の創造と破壊の力を持つ宝石を探しに地球に戻ってきた。ソニックはパートナーのテイルスと協力して、悪の手に渡る前に、エメラルドを探す旅に出ることになる。」

続編ではソニックだけでなく、ナックルズとテイルスも地球で大暴れしそうだ。なお、このたびベン・シュワルツ(ソニックの声)、ジム・キャリー(ドクター・ロボトニック役)、ジェームズ・マースデン(トム役)が続投することも明らかになった。

そのほか、前作で監督を務めたジェフ・ファウラーをはじめ、パット・ケイシー&ジョシュ・ミラーが脚本家として続投し、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツ、『デッドプール』(2016)『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)のティム・ミラーらがプロデューサーとして復帰することも判明している。撮影もすでに終了しており、2022年4月8日に米国公開予定だ。

あわせて読みたい

Source:U.S. Copyright Office

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly