Menu
(0)

Search

『ブラック・ウィドウ』米延期にデヴィッド・ハーバーが「ごめん」

https://www.instagram.com/p/CFf7JGGHZPa/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『ブラック・ウィドウ』の米国公開日が、2020年11月6日(金)から2021年5月7日(金)に延期となった

これを受け、レッド・ガーディアン/アレクセイ役のデヴィッド・ハーバーは自身のInstagramで「Sorry」とお詫びのコメントを寄せている。

「ごめん。俺のヘルメット頭にストローを通してダイエットコーラを飲むのも、レッドガーディアンがやたら肉肉しい身体でスーパースーツを着込む姿にビックリすることも、2021年5月まで待っててくれ」。写真は、劇場コンセッションなどで販売される予定のドリンクカップのフィギュアだろうか。

ほか、『ブラックウィドウ』に合わせて世界中では様々な関連グッズが用意されていたはず。これらの大多数も、来年までお預けということになりそうだ。

『ブラック・ウィドウ』は当初、2020年5月1日に日米同時公開予定だったが、結果的に1年の延期となった。伴って、2020年はマーベル映画が一本も劇場公開されない年となった。

MCUはほかに、次回作として控えていた『エターナルズ(原題:Eternals)』の米国公開日も、2021年2月12日から11月5日へ延期となっている。あわせて、『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』も2021年5月7日から7月9日へと約2ヶ月の延期が決定。この2作は公開順序が逆転することとなった。

『ブラック・ウィドウ』でハーバーが演じるレッド・ガーディアンは、かつて「ロシアにとってのキャプテン・アメリカだった」ヒーロー。ハーバーは以前、この役について「全MCUの中で最高のキャラクターですね。彼はナルシストなので、僕が演じるのにぴったり」と話していた。「ある意味、クラシックでイカしたスーパーヒーロー。けど、会うと好かれようとするんです。面白くて実力ある人だと思われたいんですよね。実際はそうじゃないのに」。

Source:dkharbour

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly