Menu
(0)

Search

『キャプテン・アメリカ』1作目、ナチスのスーパーロボットとキャプテン・アメリカの対決構想あった

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
© LFI/Photoshot 写真:ゼータ イメージ

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)にてナチス・ドイツの軍人であり、キャプテン・アメリカの宿敵として登場した人物、ヨハン・シュミット/レッドスカル。最終決戦にて大激突したふたりだが、どうやらレッドスカルがロボットを操り、スティーブ・ロジャーズ/キャプテン・アメリカと戦う展開が用意されていたようだ。

Yahoo Entertainmentのインタビューにて、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の脚本家、クリストファー・マルクス&スティーヴン・マクフィーリーは、2008年に本作の脚本家として参加してから公開に至るまでの間に中身に大きな変化が生じたと説明した。「もともと第3幕の大部分では、キャプテン・アメリカはロボットと戦っていました。それはレッドスカルが操縦するナチスのスーパーロボット、“パンツァー・マックス”だったのです」。

アースキン博士が開発した超人血清を奪い、自らの体に投与するも、血清が不完全なものだったために皮膚が赤く染まり、超人的な身体能力を手に入れたシュミット。レッドスカルとなったシュミット&ナチスのスーパーロボットVSキャプテン・アメリカが脚本から削除された理由について、脚本家のふたりは予算面に加えて時間面で問題があったと話している。「“ここにそんなに時間を割くわけにはいかない”というふうになったのです」。

ちなみにパンツァー・マックスは、マーベル・コミックにてすでに登場しているが、その回数は決して多くない。2009年に刊行された『Howling Commandos(原題)』での一回のみで、ヒドラのバロン・フォン・ストラッカーが作り上げた兵器である。もっともパンツァー・マックスは、ハウリング・コマンドーズたちとの対決で破壊されてしまったようだ。パンツァー・マックスがキャプテン・アメリカと対決していたら、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』ではさらにスペクタクルなアクションシーンが観られたかも……?

Source: Yahoo Entertainment , Slash Film

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly