Menu
(0)

Search

『シャン・チー』ウォン役が出演への想い語る ─「アジア人、アッセンブル」「トニー・レオンはアイドル」

ベネディクト・ウォン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28352092910/

香港系の英国俳優であるベネディクト・ウォンは、『ドクター・ストレンジ』(2016)をはじめ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)にてドクター・ストレンジの相棒、ウォンとしてマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に参加してきた。このたびウォンは、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』に出演した想いを語っている。

かねてからウォンはマーベルコミックのファンだったため、『ドクター・ストレンジ』への出演が決まった際には有頂天な気分になったのだという。そんなウォンは米取材(Cinema Blend経由)にて、『シャン・チー』への出演が決まったことも同様に特別なことだったと伝えている。「『シャン・チー』が実現すると知ったとき、本当に嬉しかったんです。ただ、そこに自分が誘われていないことにも少し落胆したんですけど、そんなとき、(マーベル・スタジオから)電話がかかってきて、“やった!”と嬉しくなりました」。MCUとしてはじめてアジアン・ヒーローを描くことになった本作。アジア系俳優としてこれ以上に喜ばしいことはなかったということだろう。

『シャン・チー』には、『グリーン・デスティニー』(2000)ミシェル・ヨー、『フェアウェル』(2019)オークワフィナ、そして『花様年華』(2000)『インファナル・アフェア』(2002)などのトニー・レオンまでキャスティングされている。ウォンは、アジアを代表する憧れの俳優たちと共演できることにも感激していたようだ。「アジアの素晴らしい俳優たち仕事を共にできることが何よりも嬉しかったです。彼ら全員の大ファンで、僕にとってトニー・レオンはアイドルです」。米Colliderのインタビューでもまた、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の名台詞にちなみ豪華俳優陣集結の喜びを語っていた。「アジア人、アッセンブル」。

ちなみにウォンは現在公開されている予告編にて、その姿を確認することがすでに可能。アボミネーションを相手に、光の魔法陣で対抗しているのがウォンである。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、2021年9月3日に公開予定。

Source: Cinema Blend , Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly