Menu
(0)

Search

『キャプテン・マーベル』続編が始動、新たな女性監督と2022年公開めざす

キャプテン・マーベル
© 2019 MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画『キャプテン・マーベル』(2019)が、続編に向けて動いていることが明らかになった。The Hollywood Reporterが伝えた。

『キャプテン・マーベル』は、MCU初の単独女性ヒーロー映画として製作され、監督にも同シリーズ初の女性を起用。アンナ・ボーデンとライアン・フレックのコンビがメガホンを取った。

報道によると、アンナとライアンは続編には復帰せず。ただしマーベル・ユニバースには残り、ディズニーのストリーミング・サービス「Disney+」のドラマシリーズを手掛ける可能性もあるという。この度の続編では、別の女性監督を起用して2022年の公開を目指す。

『キャプテン・マーベル』続編は、かねてよりその企画の存在が認められていたものだが、主演のブリー・ラーソンはこの度の報道からわずか一月前の2019年12月、その製作時期について「知りません」と明かしていたばかり。この時、「次の仕事が何なのかをまったく知らなくて、それがすごくエキサイティングなんです。自分の人生がどうなるのかすらわからないんですよ」とも口にしていた。

脚本には、ドラマ「WandaVision(原題)」にも参加のミーガン・マクドネルが交渉の最終段階。物語の舞台は前作の1990年代から現代に移ると伝えられている。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の出来事で世界が一変したMCU世界だけに、続編でどのような物語が描かれるか、注目しておきたい。新たに起用される女性監督にも期待が集まることだろう。

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly