Menu
(0)

Search

ヘンリー・カヴィル、『ミッション:インポッシブル』新作に出れず「めちゃくちゃ嫉妬」

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

カヴィルさんが嫉妬に燃えている。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)にメインキャストとして出演したヘンリー・カヴィルは、シリーズ次作となる第7作には出演していない。同作は現在、北欧ノルウェーで撮影中。トム・クルーズがバイク・スタントに挑む姿も話題となった。

そんな次回作に、ヘンリー・カヴィルも出演したくてたまらなかったようだ。英Empireで、こんなことを話している。

「めちゃくちゃ嫉妬しました。めっちゃくちゃ、嫉妬です。僕も行きたかった。僕も渓谷にバイクでパラシュートしたかった。なんで行っちゃダメなの?」

子供が駄々をこねるようなカヴィルだが、嫉妬してしまうのも無理はないかもしれない。カヴィルは前作『フォールアウト』時の来日インタビューでも、トム・クルーズがヘリコプターを操縦しているのを見て「僕もやりたくなった」と話しており、トム・クルーズの背を追いたい様子だったのだ。

『フォールアウト』では、DC映画のスーパーマン役のイメージを脱却するような熱演を見せたカヴィル。激しいアクションにも「毎晩家のベッドまで辿り着いて、そのまま泥のように寝ていた」というほど、相当なやり応えを感じていたようだった。

シリーズを重ねるごとに規格外のアクションを見せていく『ミッション:インポッシブル』、次回作の完成版を鑑賞したカヴィルが更に嫉妬してしまうような、大スケールの作品に仕上がることを期待したい。

あわせて読みたい

Source:Empire

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly