Menu
(0)

Search

「作家になる唯一の方法は、常に書き続けるということだ」 ─ 『カオス・ウォーキング』原作者ロングインタビュー

『カオス・ウォーキング』
© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

Real Writers Don’t Write, They Write Anyway.

──ところでパトリックさん、作家としてのキャリアはどう始まったのですか?

今振り返ると、偶然が重なった感じですね。一番最初は、本を一冊書き上げたことが始まりでした。これは作家志望者の失敗あるあるなんですが、本の一部分をちょっと書いただけで、大きな契約が掴めると思っている人が多いんですよね。実際はそんなこと稀ですよ。ほぼ全ての作家は、一冊全てを自力で書き上げなければいけません。

私も、仕事をやって働きながら書きました。出社前に書いたり、時には仕事中にも書いたり。とにかく書き上げた。それからエージェントを見つけて、エージェントが出版社に話をつないでくれたんです。少しだけお金にはなりましたが、生活していくにはまだまだ不十分の額でした。そこからは、ひたすら書き続けたんです。うまくいくように、ただ努力を続けました。

作家になる唯一の方法は、常に書き続けるということです。常にです。常に作り続けるんです。それをやってこそ、世間が反応するんです。「この人の本を出版したい!」「この人の本を映画にしたい!」と思われるんです。

英語にはこんな言葉があります。どう訳していただけるかはわかりませんが。

“Real writers don’t write, they write anyway.”

(※前節でのwriteには、“意識的に、能動的に”書くというニュアンスが、後節のwriteには“無意識的に、当たり前のように”書くというニュアンスが含まれていると思われる。確かに日本語訳の難しい一文であるが、「真のライターは、“書く”どころではない。ひたすら書いている」といったような意味だ。)

本が出版できるかどうか、映画化されるかどうかなんて関係ない。とにかく書くのみですよ。たとえ書いた脚本が映画化されなかったとしても、それを読んだ誰かが「この人は面白そうだ。何か書いてもらおう」と頼んでくれるかもしれない。常に、何かを持っておくことです。そうすれば仕事も、良い話も飛び込んでくる。

──訪れるかもしれない機会に、常に準備をしておくということですね。

そうです。書ききることが一番大変なんですよね。

──本当にその通りだと思います。ちなみに、あなたが1冊書き上げるのに、大体どれくらい時間がかかりますか?

本の時は大体1年ですね。たいてい、初稿を5〜6ヶ月かけて書いて、そこから6ヶ月かけてリライトして仕上げます。脚本の時は、6週間の時もあれば、6ヶ月の時もありますね。

とにかく書ききることが重要です。どれだけ言っても言い足りないくらい。書き始めておいて、書ききらないままの人が多すぎる。全て書き終えた時の気持ち良さ、すーんごいですよ。出来たんだ!という達成感。それがすごく大事。本当に、最後まで書き切らない人が多すぎるんです。だから、仕上げてください。ライティングに関する私からの最大のアドバイスは、「仕上げろ」ということです。書き切ったときの気持ち良さ、信じられないくらいですよ。

──今回の映画では、共同脚本家との作業だったと思います。他の人と一緒に書くという経験はいかがでしたか?

面白かったですよ。主にご一緒したのはクリス・フォードという方。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)も書いている人です。監督が現場での偶発性を好む方で、当日その場でシーンを書くこともありました。脚本家が複数名いたのは、そのためです。彼の望みに答えるように書くにはどうすれば良いかと考えるのは、楽しかったですね。良い訓練になったと思います。

カオス・ウォーキング
© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

──2010年のインタビューでお話しされていましたが、アイデアに詰まった時はランニングをするそうですね。今も続けられていますか?

続けています。物書きは、ライティング以外の趣味を持つと良いですよ。キーボードや椅子から離れるんです。もちろんランニングや運動でなくとも構いません。私も運動は苦手です(笑)。とにかく、書く以外の何かをやって、脳の違うところを使うんです。そうすれば、アイデアが湧いてくるかもしれない。例えば、編み物とか、動物の毛繕いとか、何でも良いんです。ライティングでさえなければ。

──貴重なお話をありがとうございました!ちなみにパトリックさん、日本に来られたことはありますか?

ありますよ。日本は大好きです。好きで好きで好きで。お気に入りは三鷹の森ジブリ美術館。完璧でした。いろんなところで言ってるんですよ、「世界最高のミュージアムだぞ」って。

それから、富士山も見に行きました。富士吉田をめぐったんですが、一日中曇ってて、富士山は一切見えなかった(笑)。東京でも素晴らしい時間を過ごしました。本当に好きだから、またすぐにでも行きたいです。

──落ち着いたら是非またお越しくださいね。それでは最後に、日本の観客にメッセージをお願いできますか?

もちろん!あぁ、気にってくれたら嬉しいです。ついに日本で公開されるんですね!映画が気に入ったら、原作本が3巻あるので、チェックしてみてくださいね。皆さんからの感想も、是非聞きたいです。気に入ってくれたら、知らせてください!

トム・ホランド主演のSFアクション映画『カオス・ウォーキング』は2021年11月12日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかにて公開。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly