Menu
(0)

Search

トム・ホランド、新作映画『チェリー』で「オスカー級の演技」 ─ 『アベンジャーズ』から再タッグ、ルッソ監督が絶賛

トム・ホランド
Photo by https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28652895005/

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のアンソニー&ジョー・ルッソ監督による新作映画『チェリー(原題:Cherry)』について、主演のトム・ホランドの演技に、ジョー監督が「オスカー級」との賛辞を寄せている。米ComicBook.comのインタビューにて、監督本人が語った。

『チェリー』は、軍隊に入ってイラクに派遣された青年が、帰国後に薬物依存となり、やがて銀行強盗に手を染めていく物語。役づくりのため、トムは過酷な減量に取り組み、頭髪をスキンヘッドに剃り上げている。

まさにオスカー級のパフォーマンスでしょう。この映画でのトムは本当に素晴らしくて、心に突き刺さりますよ。彼がこの役を演じる上で施した感情的かつ肉体的なアプローチはとんでもないもの。こんなふうに役を演じる俳優をしばらく見たことがありませんね。10年間にまたがる映画で、素晴らしいパフォーマンスが詰まっています。オスカーで注目されることに期待したいですね。」

マーベル映画のスパイダーマン役で知られるトムは、以前のインタビューにて、「自分史上最高の仕事だと思います。僕の変化にはすごく驚いてもらえるはず」と自信を滲ませていた。『アベンジャーズ』シリーズでもタッグを組んだジョー監督からの絶賛も踏まえると、トムは新境地の開拓に成功したのかもしれない。

なお本作は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けた後もリモートで編集作業を続けているという。「映像はまもなく完成で、これから音楽やBGMを挿入していく作業に入ります。なので、あと数ヶ月後には完成する見込みです」。一方、ジョー監督は完成後の映画業界を懸念している。「私たちはどこへ向かっているのか。映画館がいつ頃から再開するのか。公開するまでに解決しなければならない問題は山積みですね」。

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com

Writer

南 侑李
minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「まるで、映像を見ているかのように読者が想像できるような」文章をモットーに映画の記事を執筆しています。四六時中、「映画」のことばかり考えている映画人間です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly